目標は「中村俊輔」。札幌の福森が語るFKのこだわり―浦和戦で初勝利を狙う

札幌の福森晃斗。(C)SAKANOWA

「磐田戦で対峙することもありますが…」

[J1 2節] 浦和 – 札幌/2019年3月2日/埼玉スタジアム2〇〇2

 DF福森晃斗が北海道コンサドーレ札幌で5年目のシーズンを迎えている。開幕の湘南ベルマーレ戦は定位置の左のストッパーとしてフル出場したものの0-2で敗れた。今週末の浦和レッズ戦では初白星を狙う。

 今シーズン、一段と札幌の得点をもたらす鍵となってきそうなのが、福森の左足から繰り出されるセットプレーだ。

 チームの軸となるべき選手の顔触れは変わらず、ミハイロ・ペトロヴィッチ(愛称ミシャ)監督のスタイルを基本的にはどのチームも把握し、対策を練られて、特長を消される試合も増えてくるだろう……。

 そこで状況を打開できるのは、やはりセットプレーになる。

 福森も自身のキックの”重要性”について認識している。彼は湘南戦のあと、次のように語っていた。

「フリーキックやコーナーキックは流れが悪くても、そこで決めてしまえば、流れがガラッと変わり、引き寄せることができるので、すごく重要だと、いつも心掛けてやっています。点と点が合えば、相手は関係ありません。そこは自分の仕事ですし、もっと精度を上げないといえないという意識は持っています」

 湘南戦でもその左足の強烈かつ鋭いキックは、やはり”別格”と言えるクオリティを示していた。

 そんな福森がセットプレーで一番参考にしているのが、桐光学園高校の大先輩である中村俊輔だ。

「一番の目標の存在は、中村俊輔さんです。高校の大先輩ですし、磐田戦では対峙する機会もありますけれど、いろんなキックの種類とかを見て、勉強させてもらっています」

 クラブの公式ホームページに掲載されているアンケートの「一緒にプレーしたい選手」の欄にも、「中村俊輔」と記されている。

 次節は3月2日、アウェーで浦和レッズと対戦する。福森の左足からゴールはもたらされるのか。この浦和戦のみならず、そのキックがチームの浮沈に大きくかかわってくる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads