J2から全国制覇も可能!「eJリーグ ウイニングイレブン」開催決定

記者会見を行ったJリーグの村井チェアマン(左)とコナミ社の早川社長。(C)SAKANOWA

モバイルを活用、子供から大人まで幅広い参加を呼びかけ。J1とJ2の40クラブが参戦。

 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントは3月1日、モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を競技タイトルに使用したeスポーツ「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」を共同で開催すると発表した。

 この取り組みは、スマートフォンを活用したeスポーツを通して、新しいサッカーの楽しみ方を提供し、サッカーファンの拡大を目指すという、双方の目的が一致したことを受けて実施する。

「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」は初心者から上級者まで幅広く参加できる大会がコンセプト。世界累計1億5000万ダウンロードを突破しており、J1とJ2の全40クラブそれぞれに3選手を登録して行うクラブ対抗戦となる。

 U-15、U-18、フルの各世代から3人が参加。もちろんJ2クラブが優勝する可能性もある。

 大会スケジュールは以下の通り。

【大会スケジュール】
エントリー:3月7日(木)~5月2日(木)
オンライン予選:3月22日(金)~5月13日(月)
        ※毎週金曜日11:00~月曜日11:00
クラブ代表選考会(東京):6月2日(日)
クラブ代表選考会(大阪):6月9日(日)
本大会:7月14日(日)~15日(月・祝)
※日程は変更の可能性があります

【大会方式】
[オンライン予選]
『ウイニングイレブン 2019』内で行われる特定イベント「eJリーグ チャレンジ」の上位者がクラブ代表選考会へ進出。

[クラブ代表選考会]
オンライン予選で選出された各クラブと各カテゴリーの成績上位者によって総当たりで対戦し、代表チームのメンバー(U-15、U-18、フル)の各世代を決定。

[本大会]
2戦先勝方式。グループステージ:4クラブずつ10グループによる総当たりで対戦
(各グループ1、2位のうち成績上位6クラブが決勝トーナメントへ進出)

決勝トーナメント:グループステージ通過16クラブによるトーナメント形式  

※賞金総額1500万円(クラブに支払われる)

 3月1日に行われた共同記者会見で、Jリーグの村井満チェアマンは「今回モバイルでの新たなチャレンジになります。いつでも、どこでも利用できることが特長。サッカーがより身近になると確信しています。Jリーグが搭載されることが決まり、嬉しく思っています。一緒にこの競技を育てていきたいと思います」と語った。

 コナミ社の早川英樹社長は「お子様から大人まで幅広く、全国から参加できるのが特長で、Jリーグとの相乗効果に期待し、日本サッカーのさらなる発展に貢献していきたいと思っています」と、多くの参加を呼び掛けた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads