平戸が決めた!鹿島ACL初戦、ジョホールDTに2-1勝利

鹿島の平戸(中央)が復帰後初ゴール!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

PK失敗の”ACL男”ジョルジーニョも意地のミドル。

[ACL GS1節]鹿島 2-1 ジョホール・ダルル・タクジム/2019年3月5日/カシマサッカースタジアム

 ACL2連覇を目指す鹿島アントラーズがグループステージ初陣、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(以下、ジョホールDT)に2-1と競り勝ち、勝点3を掴んだ。

 ホームチームの鹿島は開始14分にセルジーニョがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得する。しかしセルジーニョのキックはGKにセーブされてしまう。すると、そこから勢いをつけたマレーシアの強豪に押し込まれる時間帯が続いた。

 そんななか、43分、CKの流れから平戸太貴のクロスがそのままゴールネットを揺らす幸運なゴールで、鹿島が先制に成功する。

 後半は鹿島が球際で勝り、集中を欠いてきた相手からチャンスを作り出す。迎えた56分、セルジーニョが隙を突いて左足のミドルを鮮やかに突き刺し、リードを2点に広げる。

 しかし両チームともに選手交代を行うなか、80分、アウェーチームもセットプレーから1点を奪う。

 最後は一進一退の攻防が続いたが……。ジョホールTDの反撃を振り切り、鹿島が手堅く勝点3を獲得した。

 平戸はゴールシーンについて、「直接入るか、味方が合わせることもできるボールを入れました」と振り返った。

 鹿島のメンバ―は次の通り。

▽▽鹿島アントラーズ
▽先発
GK
1 クォン・スンテ
DF
17 平戸 太貴
22 安西 幸輝
28 町田 浩樹
39 犬飼 智也
MF
6 永木 亮太
19 山口 一真
25 遠藤 康
(70分→10 安部 裕葵 )
30 名古 新太郎
(87分→8 土居 聖真)
FW
14 金森 健志
18 セルジーニョ 
(79分→20 三竿 健斗)

▽控え
GK
21 曽ヶ端 準
DF
2 内田 篤人
33 関川 郁万
FW
15 伊藤 翔

CBの町田浩樹。無失点はならず……。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
左MFに入った山口一真。ドリブルで推進力を与えた。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads