女子W杯へなでしこ課題抽出。高倉監督「前半派手にやられた」

「シービリーブスカップ」で指揮を執ったなでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

ハイラインの裏を攻略されて、イングランド女子代表に0-3。

[シービリーブスカップ] 日本 0-3 イングランド/2019年3月5日/レイモンド・ジェイムス・スタジアム

 アメリカで開催中の4か国対抗「She Believes Cup(シービリーブスカップ)」最終日、日本女子代表(なでしこジャパン)がイングランド女子代表に0-3で敗れた。日本は1勝1分1敗で全日程を終えた。

 3-1の勝利を収めたブラジル戦から日本は大幅にメンバ―を変更。しかし、ハイラインの裏のスペースを狙われて、前半だけで3失点を喫してしまった。

 メンバ―を入れ替えた後半、相手が自陣を固めてカウンターを狙うなか、日本がボールを持って主導権を握ったものの、横山久美らフリーでの決定的なシュートは枠を捉え切れず。それではゴールは決まらず、結局、0-3のまま敗れた。

 なでしこジャパンの高倉麻子監督は試合後、次のように語った。

「粘り強く守備をさせていこうとしたが、前半は派手にやられてしまいました。こうした失点をしてしまうとゲームが壊れてしまう。後半に入りメンバーを代えて、シュートまで持っていくシーンも増えて、少し改善は見られたが、決め切らなければ意味がない。悔しい0-3ですが、いろんなものが見えた。選手たちも少し隙を見せるとこういうゲームになってしまうと強く感じたと思う。これを糧にまた一つずつ積み上げていきたいです」

 指揮官はこの3試合での収穫を次のように挙げた。

「攻守ともに試合ごとに細かくいろんな修正点があり、それを共有できたのは大きい。ここからいかに積み上げていくかがすべて。みんなで前へ進んでいきたいと思います」

 その「すべて」をぶつけるのは、フランス女子ワールドカップ(W杯、6月7日開幕、決勝7月7日)だ。

「全体的な集中力が今日は抜けていたところがあり、そこのところも必要。全体的な強度、精度も上げていかなければならないので、そこは話していきたいです」

 日本は今大会、アメリカに2-2と引き分け、ブラジルに3-1と勝利。本番のW杯への課題を抽出して、最後の詰めの作業に入って行く。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads