メッシ、クリロナ、中村俊輔、さらに…UEFAが選ぶCL偉大なFK9人の名手に!

イタリア、スコットランド、スペインでプレーした中村俊輔。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

セルティック時代、伝説のマンチェスター・ユナイテッド撃破弾。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の公式ツイッター(アカウントは @ChampionsLeague )がこのほど、CLでの偉大なる直接FKのゴールを特集し、そのなかでセルティックFC時代の中村俊輔(ジュビロ磐田)がマンチェスター・ユナイテッド戦で決めた”伝説の一撃”も取り上げられた。

 ピックアップされたのは現役からすでに引退している選手まで全部で9人。レロイ・サネ、カゼミーロ、リオネル・メッシ、クリスチアーノ・ロナウド、ロベルト・カルロス、ウーゴ・アルメイダ、ネイマール、デイビッド・ベッカム。そのなかに中村も登場している。

 セルティック時代の中村は2006-07シーズンのCLグループステージ、マンチェスター・ユナイテッド戦でホームとアウェーで二度、直接FKを決めている。今回ピックアップされているのはグループステージ5節、ホームでの一戦の場面だ。

 GKはオランダ代表のファン・デル・サール。オールド・トラフォードでの第1節(スコアはセルティックから見て●2-3)でもFKを決めていた相手から、中村は約30メートルの美しい放物線の一撃を突き刺し、そしてチームも1-0の勝利! セルティックはCLになって初めてグループステージ突破を果たした。当時のゴードン・ストラカン監督に「芸術的だ。芸術は100年経っても色褪せないものだ」と言わしめたゴールだった。

 日本人選手としてチャンピオンズリーグの決勝トーナメントの舞台に立ったのは、中村が初めてだった。

 今季もJ1の舞台で戦う中村は、昨季ノーゴールに終わったことに悔しさを噛み締めていた。磐田を勢いに乗せるFKからの一発が、早い段階で決まることが期待される。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads