マリノス新10番の天野がCKから劇的弾アシスト「正直もっとできた」

90+5分、CKから劇的な同点弾をアシストした天野純。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

90+5分のラストプレー、ストーンを越えたファーサイドは「一番チャンスになるエリアだった」。

[J1 3節] 横浜FM 2-2 川崎/2019年3月10日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスで今季から背番号10をつけるMF天野純が、川崎フロンターレ戦のラストプレーとなった90+5分、渾身の左足のコーナーキック(CK)から扇原貴宏のヘッドに合わせてみせた。

 連係ミスを突かれてレアンドロ・ダミアンに先制点を与えて追い付いたものの、88分、相手に勝ち越される。それでも横浜FMの誰もが最後まで諦めていなかった。

「最初の失点の仕方が悪かったけれど、よく立て直すことができて、自分たちのサッカーを出せました。オープンな展開になってしまい、もうちょとゴール前へ相手を押し込んだ形で、簡単なクロスのみならず、中央突破やパスで崩していければ、もっと厚みのある攻撃ができたと思うので、そこは課題だと感じています」」

 そう語る天野はスペースに顔を出してはパスを引き出し、敵陣へと展開していった。

 そしてラストプレーの場面。ボールを保持した天野が田中碧にボールを当ててCKを獲得。そして、「一番チャンスになるのがあそこのエリアだと思っていましたし、スカウティングでも言われていました。そこへ流し込みました」という遠目のサイドへ蹴り込んだ。

 川崎のCKの守備はマンマークで、ニアサイドに一人ストーンを置くという守備体系。そのストーンを越えると、チャンスの可能性が膨らむ。そこでこの日のマーカーとの体格差でも上回った扇原が競り勝ってみせた。

「正直、もっともっとできた。フロンターレの後半の時間帯を、もう少し支配できたと思うし、ちょっとプレッシャーを受けてリズムが悪くなると蹴ってしまうのは、まだまだなところでした」

 今季はアンジェ・ポステコグルー監督から戦術面に加えて、「球際で絶対に負けるな」と”勝者”のメンタリティを植え付けられてきた。「昨季から変わったのはそこ。だから今調子がいいと感じられています」と、これまでのチーム全体の好パフォーマンスにも影響していると、天野も感じている。

 それだけに勝ちたかった。ただ彼は「このタイミングでフロンターレと試合ができたことが良かった」とポジティブに捉える。

「勝てばさらに勢いに乗れましたが、ある程度自分たちのサッカーができました。これからもっともっと勢いが出てくるのかなと感じました」

 CKだったとはいえ、これで横浜FMのセットプレーになれば天野がいる――という脅威を、今後対戦するチームにも与えられる。つまり、横浜のペナルティエリア付近では、簡単にファウルを与えてはならない、と一段と注意してくる。

 マリノスの10番。その存在が、チームに大きなアドバンテージをもたらす。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads