川崎ラストプレーの悪夢。谷口彰悟「僕がコントロールできなかった」

横浜FM戦、ラストプレーで追いつかれて肩を落とす川崎の谷口彰悟。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

88分に勝ち越しながら、90+5分に追い付かれる。

[J1 3節] 横浜FM 2-2 川崎/2019年3月10日/日産スタジアム

 川崎フロンターレのDF谷口彰悟は、90+5分のラストプレーで2-2に追いつかれた横浜F・マリノス後、大きく肩を落とした。

「コーナー(CK)でマークにつく、ということは言葉にするのは簡単なことです。ただ僕らとしては、そこまで持って行かれないように、いかに守るかに目を向けなければいけません。僕もそこのコントロールをできなかったことが反省点です」

 なぜ、最後にCKを奪われたのか。CKでの失点そのもの以上に、そこを課題に感じているという。守備陣の応が決してまずかったわけではない。ただ、全体的に気持ちが守りに入った時、川崎はやられる(失点する)ことが多い。

「まだ試合をしっかり振り返れていませんが、全体的に”受けて”しまった感じがします。(ゴール前に)人数は揃っているけれど、誰がボールに行くのが、曖昧になってしまいました。後ろ(センターバック)がリーダーシップをとって、指示を出していかないといけない場面でした。そこは改めて映像を見て反省できればと思います」

 この日キャプテンマークを巻いた谷口は、そのように振り返った。

「(88分にレアンドロ・ダミアンのゴールで1点リードしたあと)『引かない』ということは、みんなで言っていました。ただ、相手も人数を掛けてきました。そこで、ボールを奪ったあとですね、みんな頑張って守備していた分、ポジションもスクランブルになり、奪ったボールをつなぐのか……失地を回復するために、どのように行くかが、そこが曖昧でした。簡単に蹴るのか、切るのであれば、大きく外へ出しも良かったですし。そのあたりの判断がまだまだです」

 意思がややバラついた。その間隙を突かれた形となった。

 また、CKについて、横浜FMの天野純からは『川崎対策』として「(キックは)一番チャンスになるエリアを狙いました。スカウティング通り」と言われた。

 どうにかして2失点目は、防ぐことはできなかったのか……。谷口は語る。

「(最後のCK時)ストーンの背後をたぶん狙ってきていたと思います。やり方や配置で防げるのであれば、そうしたいですが……。ただ最後の最後、相手はGKまで上がってきているスクランブルの状態でした。一人ひとりの責任で、まず対応するしかなかったと思います。ただ、ここで防げば試合が終わる、という意思をもっとはっきり示せれば……」

 これで川崎は開幕から公式戦4試合勝ち星なし。リーグ戦は3引き分けだ。

 レアンドロ・ダミアンの2ゴールなど、新戦力が噛み合い出しているのは確か。果たしてここから、突き抜けていけるのか。リーグ2連覇中の王者が少し足踏みをしている。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads