【川崎】中村憲剛が語った齋藤学決勝ゴールの「大きな価値」

シドニー戦でフル出場を果たし、勝利に貢献した中村憲剛。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

その他がイマイチだった? 俺からすると、そんなの関係ないよ。

[ACL GS2節] 川崎 1-0 シドニー/2019年3月13日/等々力陸上競技場

 川崎フロンターレのMF中村憲剛がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のホーム初陣となったシドニーFC戦、久々にボランチで先発フル出場し、83分に齋藤学の決勝ゴールにつながるクロスも放って勝利に貢献した。

 序盤はチーム全体のバランスの取り方に苦心したそうだ。そのなかで家長昭博がサイドから中央に配置転換されたことで安定し、後半は「どのように点を取るか」にフォーカスし、結果、勝点3を掴むことに成功した。

 ようやく掴んだ勝点3、今季公式戦の初勝利。中村は試合後のロッカーにようやく”明るさ”が戻ったことに胸を撫でおろした。

「どこも各国のチャンピオンをはじめ強いチームばかり。簡単ではない。中2日で(川崎の)メンバーも代わったなか、しっかりホームで失点ゼロに抑えて1-0で勝てたことは小さくなかった、自分たちが自信を取り戻す意味でも。もちろんドカンと勝てれば良かったけれど、そうはいかない。勝って雰囲気も良くなりました。ロッカールームも(笑)。ずっとモヤモヤしていたから。週末のJリーグ(17日/ホーム/G大阪戦)でこの連戦も終わるので、公式戦連勝をできるように、しっかりまたみんなで準備したいです」

 そして待望の初勝利をもたらす初ゴールを齋藤学が決めた意義について聞くと、中村は「本人ででないけれどいいかな……」と言い、次のように続けた。

「準備をしていて、なかなか出番が訪れず、アイツも思うところはあったと思います。そこでチャンスが来て、点を取ってくれたこと自体、ものすごく大きなこと。チームに勝ちをもたらしたんですから。本人は『その他がイマイチだった』と言っていましたけれど、こっちからすると、そんなの関係ねえよって」

 中村はそのようにFWである齋藤が『決勝ゴール』を奪ったことを何よりたたえていた。

「それで1-0で勝って、みんなが笑顔になれる重要さは、今シーズン始まってから一番大きかったと思います。それを学が決めたこと、そこに意義はあったと思います」

 その1点がもたらす影響は、チームにとっても大きい。

「これでみんな、よし俺もだ! と思える選手がたくさんいると思います。実際、(長谷川)竜也も知念も、開幕当初(試合に)絡んでいなかった選手たちが出るようになり、チームに勢いを与えてくれている。本当に総力戦。またみんなで頑張りたいです。いいゴールだったと思います」

 チームを牽引してきた中村はそのように、勝負どころで意地を見せた齋藤の一撃を、心から喜んでいた。

ゴールを決めた齋藤学(左)が登里享平から祝福を受ける。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads