「厳しい判定だ」横浜FC指揮官が嘆く。GK南のナイスカットに見えたがPKに

横浜FCのGK南雄太。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

新潟に敗れて1勝3敗に。

[J2 4節] 横浜FC 1-2 新潟/2019年3月16日/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜FCは先制点を与えながらも松浦拓弥の移籍後初ゴールで同点に追い付き、その後も試合の主導権を握った。しかし攻め立ててできた後方のスペースを使われ、効果的なカウンターを何度も浴びてしまう。迎えた89分、その流れで与えたFKからカウエに決められてしまい、結局1-2で敗れた。

 そのなかで、新潟の先制点のシーンは、横浜FCにとって納得のいかない判定となってしまった。

 ロングフィードに新潟のレオナルドが上手く抜け出す。すると横浜FCのGK南雄太はペナルティエリアを飛び出し、左サイドのライン際までレオナルドを追いかけた。

 そしてレオナルドは南をかわしてゴール前まで進入を試みる。と、ちょうどペナルティエリアに差し掛かったところで、後方から追いついた南が足を伸ばして、ボールをカットすることに成功する。その一連のなかで接触はなかったように見えたレオナルドが倒れた。

 しかし井上知大主審は笛を吹いてPKを宣告する。どこがファウルだったのかと南は困惑し、ペナルティエリア内だったのか、または、どのプレーがファウルなのかと説明を求めたものの、副審もペナルティアークを指すだけ。もちろん判定は覆らなかった。そしてそのPKをレオナルドが決め、新潟に先制点が入った。

 試合後のフラッシュインタビューで、横浜FCのタヴァレス監督はこの判定について、「私たちにとって、厳しい判定だったと思います。逆に相手のPKではないかというシーンもありましたが……。そこは仕方ないと受け止めています」と語った。

 41分にイバのシュートが大武峻の出していた左腕に当たったが……これは意図的ではないとして、PKにならかった。

 横浜FCは開幕から1勝3敗。昨年J1昇格プレーオフまで勝ち進んだチームが苦しんでいる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads