浦和の杉本健勇がC大阪と初めて対戦。指揮官は「『古巣だから』起用するわけではなく…」

浦和レッズの杉本健勇。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

3試合ぶり出場の北京国安戦で勝点1獲得に貢献。

[J1 4節] C大阪 – 浦和/2019年3月17日15:00/ヤンマースタジアム長居

 浦和レッズの杉本健勇が3月17日、昨シーズンまで在籍したセレッソ大阪との一戦に臨む。一方のC大阪にも北海道コンサドーレ札幌から加入した都倉賢がおり、二人のストライカーがどのような状況でどのように関わってくるのか――いずれもキーマンとなってきそうだ。

 杉本は興梠慎三と2トップを組み、ゼロックススーパーカップの川崎フロンターレ戦から3試合連続で先発で出場してきた。しかし、スーパーカップ・川崎戦(●0-1)は前半のみ、1節・ベガルタ仙台戦(△0-0)はフル出場、2節・北海道コンサドーレ札幌戦(●0-2)も前半のみの出場で、いずれもゴールを奪えず。しかもチームとしてもノーゴールに終わった。「健勇をもう少し高い位置で仕事をさせられれば」と興梠も2トップのバランスの試行錯誤を続けてきた。

 その後、杉本はACLのブリーラム・ユナイテッド戦(〇2-0)、Jリーグ3節松本山雅FC戦(〇1-0)をベンチで過ごす。ただ、直近のアウェーでのACLの北京国安戦(△0-0)では、途中出場から18分間プレーし、前線で体を張って起点となり勝点1獲得に貢献した。

 オズワルド・オリヴェイラ監督も杉本が徐々にフィットしてきたことをポジティブに捉えていた。C大阪戦前の記者会見で次のように語っている。

「セレッソが古巣だからと言って、それをモチベーションの要素には使いたくありません。彼がピッチに立つならば、それは北京戦で良かったから、良いトレーニングをしているからです。(北京国安戦では)前線でキープできず早い段階でボールを失うなか、彼はいい形で試合に入ったと思います。彼が途中出場してから流れが少し変わり、3つの決定機が生まれました。だから、彼が次の試合に出るならば、それは、古巣だから、ではなく、浦和が獲得に至ったその力を見せるためです」

 そのように、指揮官は古巣との対戦をモチベーションとして活用することを否定。あくまでも、先発なのか途中出場なのか、いずれにせよ、戦術上必要だと考えた時にピッチに向かわせることを強調した。

「リーグ戦とACL、優勝するためにここに来た」と、杉本は浦和に移籍してきた際、誓っていた。そのためにも、力のあるC大阪は叩いておかなければならない相手でもある。

 加入から3か月、そしてゼロックススーパーカップでの初陣から1か月が経とうとしている。杉本の浦和でのファーストゴール――そろそろ生まれるスタンバイは整ったはずだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads