永井謙祐が先制!FC東京と名古屋の無敗対決

FC東京対名古屋、永井のシュートはゴールならず……。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

後半開始から名古屋はマテウスを投入。

[J1 4節] FC東京 – 名古屋/2019年3月17日/味の素スタジアム

 両チームともにJ1リーグで無敗のFC東京と名古屋グランパスの一戦は、スコアレスのまま前半を終えて折り返した。迎えた55分、永井謙佑が抜け出して先制ゴールを決めた。

 前半はFC東京の永井がフリーになった決定的なシュートを外し、名古屋のジョーが惜しいボレーもGK林彰洋に止められるなど、両チームともにゴールならず。また、4試合連続で先発起用となった久保建英はチームに推進力を与えるとともに、対峙する吉田豊のマークにあいボールを奪われて逆襲を食らう場面も何度かあった。

 前半終了間際には、中盤のバトルで髙萩洋次郎が声を挙げて倒れ込み、ファウルをした米本拓司にイエローカードが出された。古巣との初対決となる米本もボランチで気持ちのこもったプレーを見せている。

 後半に入り、名古屋は赤﨑秀平からマテウスに選手を交代。より攻守の切り替えが早くなるなか、55分、カウンターで抜け出した永井がシュートをねじ込み、ホームに先制点をもたらした。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads