FC東京が開幕無敗を守り暫定首位!永井弾で名古屋に競り勝つ

名古屋の吉田豊(右)と競り合うFC東京の久保建英(左)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

名古屋は今季初黒星。

[J1 4節] FC東京 1-0 名古屋/2019年3月17日/味の素スタジアム

 開幕から2勝1分のFC東京と3連勝で首位に立つ名古屋グランパスの一戦は、ホームのFC東京が永井謙佑のゴールを守り切り、1-0の勝利を収めた。FC東京はこの時点で、暫定首位に立った。

 スコアレスで折り返した後半の55分、東慶悟のスルーパスに抜け出した永井が持ち味でスピードを生かしてDFふたりの間を切り裂く。最後はGKランゲラックの動きを見切って、シュートを突き刺した。

 その後は名古屋も反撃を続けたものの、試合終了間際のジョーのヘディングシュートは惜しくも枠を捉えず。FC東京が3連勝で、通算3勝1分と無敗を守った。一方、名古屋は今季初黒星を喫して3勝1敗で、首位から陥落した。

 永井は試合後のヒーローインタビューで、「なかなか決められていなかったので良かったです。(東)慶悟が前を向いたので、必ずパスが来ると分かり、信じて走り込みました。(古巣の名古屋から3戦3発)そうですね、気まずいですね。(暫定首位)FC東京に来て初めての首位。ここからも続けていきたいと思います」と喜んだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads