イチローが引退した2日後、52歳カズがJリーグ最年長先発

トピックス・ニュース, Jリーグ

横浜FC三浦知良

サカノワスタッフ

横浜FCの三浦知良。(C)SAKANOWA

FC岐阜戦、センターフォワードで54分までプレー。横浜FCが先制に成功!

[J2 5節] 横浜FC – 岐阜/2019年3月23日/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜FCのFW三浦知良が3月23日の5節・FC岐阜戦、Jリーグ史上最年長となる52歳25日で先発した。試合はスコアレスのまま後半を迎え、54分、イバと交代してベンチに退いた。その後、PKを獲得したホームチームが先制に成功している。

 今回、急成長を遂げる17歳・斉藤光毅がU-20日本代表の遠征で不在になるなど横浜FCの台所事情もあるなか、52歳の三浦がスタメンに名を連ねた。

 前半は前線でターゲットになり何度かヘディングで競り合い起点になった。それでも横浜FCの背番号11は、思うようにシュートまで持ち込むことができなかった。岐阜のほうがやや優勢に試合を進めるなか、試合は後半に突入した。

 横浜FCは負傷により35分に武田英二郎から渡邊一仁にひとり交代。さらに54分、カズも今回控えスタートだったイバと交代でベンチに退いた。その後、松浦拓弥の突破からPKを獲得し、イバが今季初ゴールを決めた。

 競技もカテゴリーも異なる。ただプロ野球界ではシアトル・マリナーズの45歳イチローが引退を発表した2日後、カズが新たな”伝説”を作った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads