次は最年長ゴールだ。三浦知良「もうちょっといいセンタリングを上げてほしいね」

岐阜戦で先発出場した横浜FCの三浦知良。(C)SAKANOWA

52歳のカズ先発、54分までプレーして横浜FCの勝利に貢献。さらなる高みを見つめる。

[J2 5節] 横浜FC 2-0 岐阜/2019年3月23日/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜FCのカズことFW三浦知良が3月23日のJ2リーグ5節・FC岐阜戦で先発出場し、Jリーグ最年長出場記録を52歳25日に更新した。0-0で迎えた54分にイバと交代し、その後、チームは2ゴールを奪って勝利を収めた。

 3-4-2-1の1トップで先発したカズは、岐阜のタイトな守備を受けてなかなか前を向けず苦心しつつも、最前線のターゲット役やパスを散らす起点役として奮闘。「(横浜FCのタヴァレス)監督からは後半5分、10分ぐらいまでプレーしてくれと言われていました。勝ちに持っていけるようにしてイバと交代できたので、最低限。五分五分である0-0のまま渡せました」とカズは振り返り、プラン通りにバトンをつないだ。

 勝利という最低限の結果は残せた。しかしキングのゴールへの渇望は、より強くなった。

「後半ピッチに入ったところで、いけるかなという感触があり、自分自身としては、もうちょっと出たいなという思いも試合をしていて強くなりました。でも、あのタイミングで、良い形でイバと代わることができました。そのなかでゴールという結果を出せないと試合に出続けられません。あのポジションは、イバが絶対的な存在として3シーズンプレーしています。そこを任されたわけだから、自分も結果を出さないといけなかった」

 カズは決して自身のパフォーマンスに満足はしていなかった。先発出場は昨年7月11日の天皇杯・横浜F・マリノス戦(78分出場、1-2で敗戦)以来。やはり、試合勘を掴むのは簡単ではない。

「先発で試合に出てやることに関しては、これだけ長くプロ生活を過ごして何回もしてきたけれど、やはり難しい。コンディションの持って行き方、気持ちの持って行き方。何度やっても時間が空くと難しいものです」

 そのなかで41分、渡邊一仁の右クロスに合わせようとしたチャンスでは、DFに競り負けた。そのシーンをカズは振り返る。

「もうちょっといいセンタリングを上げてほしいですね(笑)。俺の頭に当てるぐらいの気持ちで。俺がボールに当てるんじゃなくてね」

 カズはそううそぶいたものの、内心は悔しそうだった。

「ウチは今日プラン通りできたと思います。点を取られず、しっかりブロックを作ってディフェンスから入り、チャンスをうかがう。後半、いい形で何度も相手を崩せて、1点目のPKも奪えて、2点目も素晴らしいコンビネーションから決められました。どんどん、そうしたシーンを増やしていければ、僕にも、もっとチャンスが回ってくるんじゃないですかね」

 そして、ゴールを奪う――つまりJリーグ最年長得点の記録を更新する、そのように次なる目標を定めていた。

「あそこのポジションでどのように点を取っていくか。そこに固執し、しっかりスポットを当ててやっていきたいです」

 19位だった横浜FCは一気に12位まで浮上。チームとともにカズも、さらなる高みを見つめていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads