佐藤寿人が初のベンチ入り。ドロー発進の江尻新監督「努力の積み重ねあるのみ」

千葉の佐藤寿人。(C)SAKANOWA

新井一耀の加入後初ゴールで、千葉が勝点1を獲得。

[J2 5節] 千葉 1-1 京都/2019年3月24日/フクダ電子アリーナ

 フアン・スナイデル前監督の解任に伴いジェフユナイテッド市原・千葉の新指揮官に就任した江尻篤彦監督が、京都サンガF.C.戦で先制点を与えながらも後半に追い付き、チームに勝点1をもたらした。

 システムは前体制の4バックから3バックに変更。0-1で迎えた76分、コーナーキックから2試合連続でスタメンに起用された新井一耀がファーサイドに飛んできたボールを押し込み、移籍後初ゴールを奪取。そのまま1-1で引き分けた。

 先発メンバーの大幅な変更はせず、エベルト、佐藤優也がスタメン復帰。佐藤寿人が今季加入後、初めてベンチ入りした。

 江尻監督は試合後のフラッシュインタビューで、次のように”初采配”をふるった一戦を振り返った。

「準備してきたことを出せて、選手たちが最後まで諦めずひたむきに戦ってくれたことは良かったと思います。(3バック採用は)いろいろ見てきて思ったことがあり、そのような形にしました。対京都であり、自分たちにとっての課題であり、全てを勘案したうえでこのような準備をしてきました」

 18分に小島秀仁がケガで交代するアクシデントがあったが、指揮官は「一生懸命に戦っているので仕方のないこと。私たちはいい選手が揃っているので、遜色なく戦えると思います」と受け止めた。

 次は勝点3獲得が目標になる。江尻監督は「努力」の重要性を説いた。

「(勝点3に足りないものは?)本当にもう少しの努力ですね。対戦相手も努力をしていますから、それ以上に私たちができることは、一つひとつの努力しかないと思っています。お金で勝点3を買うことはできません。一つひとつ積み上げて、小さいことをひたむきにやっていくだけです」

 失点を減らすために3バックを採用した。ただ、そうすると今度は攻撃の迫力が物足りなくなる。そのあたりのバランスや戦術をどのように整理するのか。そこは新指揮官の腕の見せどころだ。3月30日の6節は、アウェーで調子を上げてきたアビスパ福岡と対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads