「逆輸入」ルートだ。鹿島が小池裕太をSTVVからレンタルで獲得

シント=トロインデンに加入した際の小池裕太(左)。(右は立石敬之CEO)(C)STVV

昨季特別指定としてデビュー済、サイドバックの緊急補強。

 鹿島アントラーズは3月26日、ベルギーリーグ1部シント=トロイデンVVのDF小池裕太を期限付き移籍で獲得したと発表した。

 小池は1996年11月6日生まれ、栃木県出身。170センチ、64キロ。これまでのキャリアは、FCアネーロ宇都宮U-15―アルビレックス新潟ユース―流通経済大学―鹿島アントラーズ(2016、Jリーグ/特別指定選手)―シント=トロイデンVV―鹿島(期限付き移籍)。鹿島ではルヴァンカップ1試合に出場している。昨年のユニバーシアード日本代表にも選ばれた逸材だ。

 小池は次のようにコメントしている。

「シント=トロイデンVVから加入することになりました小池裕太です。またこの素晴らしいクラブでプレーできることを、嬉しく思います。鹿島アントラーズの勝利に貢献できるよう頑張りますので、 応援よろしくお願いします」

 昨季特別指定選手としてプレーしていたつながりはあるが、鹿島が開拓した新たな「逆輸入」ルートとも言える。ケガ人が相次いでいたサイドバックの緊急補強で、現在22歳の小池はベルギーでの経験を鹿島に還元できるか。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads