【横浜×鳥栖】トーレスの7年ぶり横浜上陸は持ち越しに。朴、豊田が今季初先発!

鳥栖フェルナンド・トーレス。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

スタメン発表。クエンカは3試合連続ベンチスタート。

[J1 6節] 横浜FM – 鳥栖/2019年3月29日/日産スタジアム

 国際Aマッチウィークの中断明けとなるJリーグ6節の横浜F・マリノス対サガン鳥栖戦のスターティングメンバーが発表された。注目の鳥栖FWフェルナンド・トーレスは欠場に。チェルシーFCの一員として臨んだ2012年のクラブワールドカップ決勝のコリンチャンス戦(チェルシーは●0-1で敗れる)以来、7年ぶりとなる”横浜上陸”は実現せず、今後のカップ戦などに持ち越された。

 昨年の横浜FMのこのカードは3節にニッパツ三ツ沢球技場で組まれ、ホームチームが1-2で敗れている。ただ夏にアトレチコ・マドリーから加入することになるフェルナンド・トーレスはこの時はもちろん不在だった。

 今回、スタジアムは日産スタジアムに変更。金曜日ナイター開催ということで、新規の観客獲得に向けたPRも積極的に展開された。ただフェルナンド・トーレスは前節のジュビロ磐田戦(〇1-0)で右大腿部を傷めて途中退場しており、回復が間に合わなかったようだ。もちろん、ホームチームはそのなかでアンジェ・ポステコグルー監督のもと2年目を迎えたマリノススタイルを見せつけ、勝利を掴みたい。守備のテコ入れへ、FC琉球から加入した朴一圭がリーグ初スタメンを飾る。

 一方鳥栖も、前節のジュビロ磐田戦での1-0の勝利に続き、連勝を収めたいところ。豊田陽平が今季初スタメンに名を連ね、金崎夢生と強力2トップを組む。クエンカは3試合連続でのベンチスタートとなっている。

 両チームのメンバ―は次の通り。

横浜F・マリノス
YOKOHAMA F・MARINOS

▽先発
GK
1 朴 一圭
DF
27 松原 健
13 チアゴ・マルチンス
44 畠中槙之輔
18 広瀬陸斗
MF
8 喜田拓也
10 天野 純
41 三好康児
FW
23 仲川輝人
30 エジガル・ジュニオ
9 マルコス・ジュニオール

SUB
GK
21 飯倉大樹
DF
2 ドゥシャン
5 ティーラトン
MF
14 山田康太
6 扇原貴宏
7 大津 祐樹
FW
11 遠藤渓太

サガン鳥栖
SAGAN TOSU

▽先発
GK
1 大久保択生
DF
22 原 輝綺
35 藤田優人
20 カルロ・ブルシッチ
2  三丸 拡
MF
14 高橋義希
36 高橋秀人
6  福田晃斗
4  原川 力
FW
44 金崎夢生
11 豊田 陽平

▽控え
GK
18 高丘陽平
DF
8 岩下敬輔
MF
29 谷口博之
30 樋口雄太
41 松岡大起
FW
19 チョ・ドンゴン
7 イサック・クエンカ

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads