香川がトルコへ出発。「自分の目標のため全力を尽くす」とメッセージ

キャプテンとしてピッチに立った香川(10番)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

リーグ再開は4月8日のリゼスポル戦。

 キリンチャレンジカップの3月シリーズでロシア・ワールドカップ(W杯)以来の日本代表復帰を果たしたMF香川真司が28日、日本を発ちトルコへ向かった。

 香川は自身のSNSのツイッター( アカウントは @S_Kagawa0317 )を更新して、次のようにファンへメッセージを送った。

「皆さん応援ありがとうございました。

今からトルコに戻ります。

自分の目標の為にも自分らしくトルコで全力を尽くしていきます。」

 この3月シリーズは、コロンビア代表戦(●0-1)は65分から途中出場、ボリビア代表戦(〇1-0)はキャプテンマークをつけて先発出場を果たしたが61分で交代し、いずれも得点には絡めなかった。3月17日に30歳の誕生日を迎えた日本代表の「10番」が、健在であることを改めて示した。

 トルコリーグの今回の中断期間は長く設けられており、香川が所属する現在3位のベジクタシュは現地時間の4月8日月曜日、アウェーで8位のチャイクル・リゼスポルと対戦する。

 1月31日の加入後、これまでリーグ6試合3得点を記録。チームに勢いを与える存在になっている。香川の次なる「目標」とはいかに!?

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads