【浦和】前半で負傷交代、キャプテン柏木陽介の状態は!?

浦和の柏木陽介。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

初の4バックには好感触「ガラッと変わり、前へ行く姿勢を示せた」

[J1 5節] 浦和 1-1 FC東京/2019年3月30日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズのキャプテンを務めるMF柏木陽介が3月30日、FC東京戦で中盤をダイヤモンド型にする4-4-2のトップ下を務めて攻撃を牽引した。立ち上がりはボールポゼッション率でホームチームが約7割対3割と大きく上回り、ゴール前までボールを運んだものの、固いブロックを敷くFC東京の守備網を打ち破ることはなかなかできなかった。

 そのなかで柏木は、サイドなどにも飛び出して起点を作ろうと試みた。ただ、2トップと距離が空いてしまったことで、決定的なシーンをなかなか創出できなかった。

 すると40分、敵陣の右サイドで縦へ抜け出そうとした際、FC東京の東慶悟と交錯。その際、相手のヒザが、柏木の左ヒザの上に入ったという。

 その後、浦和の背番号10は左足を気にしながら前半終了までプレー。結局、ベンチに退いたあと、後半開始からはマルティノスとの交代を余儀なくされた。

 そのケガが心配されたが……試合後、柏木は次のように語った。

「打撲です。ヒザの上に入り、動けなくなって……。今日は久しぶりにフィーリングも良くて、本当にいい感じでプレーできていたので、このまま続けたかった。けれども今の状態でいろいろ痛みを気にしながら出続けるよりも、無理せず、チームのみんなが練習から本当によく取り組んでいるから、代わった選手にしっかりやってもらったほうがチームのためだと考えて、交代しました」

 オズワルド・オリヴェイラ監督の下、この試合で初めて4バックが採用された。今回は中盤をダイヤモンド型にする形だったが、いろいろなパターンをこれからは使っていけそうな手応えも得られた。もちろん3バックにいつでも変更できるのも強みになり得る。

「(初の4バックは)悪くなかったと思います。守備も攻撃も安定した戦い方ができました。ただ失点したシーンに関しては、ああいったところは人が足りているところでも、状況によってファウルで止めるべきところは止めていいのではないかと、試合後にみんなで話し合いました。ウチが攻めている時のカウンターの対応。FC東京の狙っていた形でやられてしまった感はありました」

 そのように柏木は75分、久保建英、東慶悟、ディエゴ・オリヴェイラと3人で決められた一撃を悔やんだ。

「攻撃も結局、最終的なところで守られていたなぁと。ただ、フィニッシュのところで決定的な仕事ができていないけど、今までとはガラッと変わり、前へ行く姿勢はすごく見せられたと思います」

 試合は土壇場での森脇良太の一撃で1-1に持ち込み、なんとかホームで勝点1を掴んだ。

 何かが動き出した――。その確か一歩をしっかり踏み出せたことに、柏木は意味を見出していた。この新システムをモノにできるか。それは背番号10の左足にかかってくる。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads