「10番主将レフティ」対決。天野純が柏木陽介に燃やした”負けん気”

浦和戦で先発した横浜FMの天野純。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「そこで負けたら、試合に負けてしまうと思っていた」

[J1 6節] 浦和 0–3 横浜FM/2019年4月5日/埼玉スタジアム2〇〇2

 横浜F・マリノスが浦和レッズにアウェーで3-0と快勝を収めた。この試合の注目の一つでもあったのが、「10番」「主将」「レフティ」と共通する二人――柏木陽介対天野純の対決だった。試合の結果は、明暗が分かれた。

 天野は試合後、柏木陽介との”対決”について、次のように語った。

「お互いチームを司る役割を担っている。そこのゲームコントロールの部分で負けたら、試合も負けてしまうと思っていました。そこは責任を持ってやりました」

 何度かマッチアップも起きた。そこでも天野は”一歩”を踏み込むことを意識したという。

「レッズの選手たちは球際が強いので、そこで負けていたら話になりませんでした。そこだけは絶対に負けない気持ちでいきました」

 消耗戦も激しく、柏木は73分、天野は78分に途中交代した。ゴールに直接的にはかかわらなかったものの、2列目に入った天野に軍配が上がった。

「僕らの対策として3ボランチを俺と康児を当ててくることが多いけれど、浦和はそうせずに来たので、試合のなかで判断し、空いているスペースを突いていく流動的なすごくいいサッカーができました」

 常に中盤や最終ラインで数的優位になり、パスの「逃げ場」を作りながら試合を進められた。その流れで、狙っているサイドの裏を何度も攻略できた。サイドバックの攻撃参加も効果的かつ機能的だった。そのようにチームとしていろいろと意図していたことを体現しながら掴んだ勝利。そのベースにあったのはハードワークや球際で負けないという基本的なスタンス。あらゆる面が噛み合った勝利に、天野は自信を深めていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads