【FC東京】久保建英が4人抜きポスト直撃弾、圧巻のダブルタッチ

FC東京の久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ナ・サンホ&オリヴェイラ弾で逆転勝利!

[J1 6節] FC東京 2-1 清水 /2019年4月6日/味の素スタジアム

 FC東京のMF久保建英が清水エスパルス戦、ダブルタッチから4人を抜き去る圧巻のプレーから、ポストを直撃する惜しいシュートを放った。試合はホームチームが先制点を許しながらも、ナ・サンホ、ディエゴ・オリヴェイラのゴールで逆転勝利を収めた。

 スコアレスで迎えた前半終了間際の46分、敵陣深い位置での右サイドのスローインからボールを受けた久保は、清水の4人に囲まれる。

   しかし、サイドの空いたスペースへボールを蹴り出して全員を置き去り、そのままゴールライン沿いに持ち運ぶ。そしてダブルタッチからシュートを放つ。しかし――ボールはポストを直撃して、得点はならなかった。

 試合は47分に北川航也のゴールで清水が先制。75分、FC東京はナ・サンホの一撃で追い付いた。さらに86分、ディエゴ・オリヴェイラのループシュートで、ホームチームが逆転勝利を収めた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads