松本山雅の反町監督「神戸が全く違う顔で来たのでビビった」。VIP撃破ホーム初勝利!

松本の反町康治監督。(C)SAKANOWA

助っ人陣を先発から外すなど「荒療治」で一つ結果を残す。

[J1 6節] 松本 2-1 神戸/2019年4月6日/サンプロアルウィン

 公式戦4連敗中だった松本山雅FCが、”VIP”(この日はポドルスキが欠場、ウェリントンがベンチ入り)擁するヴィッセル神戸に2-1の勝利を収めた。最後は耐え抜いて、ホーム初勝利となるリーグ2勝目を収めた。

 13分、宮阪政樹のクロス性のFKがそのままゴールネットを揺らすラッキーな一撃で先制に成功。さらに43分、セットプレーの流れから高橋諒のクロスに、飯田真輝が倒れ込みながらヘッドで押し込み、リードを2点に広げる。

 一方、神戸は41分に足を傷めたダビド・ビジャからウェリントンに交代。さらに後半開始から投入された田中順也が左、古橋亨梧が右、そしてセンターにウェリントンが入る布陣に変更。75分、ウェリントンのゴールで1点差に詰め寄るものの、あと1点を返せなかった。

 決勝点を決めるとともにCBとして最後まで耐え忍んだ松本の飯田は試合後のフラッシュインタビューで、次のように語った。

「(ゴールは)狙い通り。高橋選手からのクロスがいい形で入り、あとは触るだけでした。結果はもちろん大事ですけれど、気持ちで闘おうと思っていました。1失点してしまいましたが、そこは発揮できたと思います。自分たちの良さを改めて再認識できたので、そこを大事にして戦っていきたいです」

 また、反町康治監督は次のように振り返った。

「苦しいゲームになることは最初から分かっていました。そのなかで今日の試合は、もう一度我々らしさを取り戻そうということをテーマに、短期間でしたがチーム作りに取り組み、結果を残せたことは嬉しく思っています。(前節からの修正点は?)今一番しっかりプレーできる選手を重宝して使わなければいけない。少し荒療治になることは了解のなか、取り組んできました。その意味でも、この勝利は大きいと思います」

 エドゥアルド、セルジーニョという中心選手を先発から外したことに言及。一方、神戸が練ってきた松本対策には驚いたという。後半は押し込まれたが耐え忍んで、連敗を3でストップ。そして2節の大分トリニータ戦(〇2-0)以来の勝利を挙げた。

「神戸さんもまったく違う顔でここにやって来たので、ビビリました。けれどもやはり(失点)ゼロで抑えたかったですね」

 そのように指揮官は最後、無失点で勝つ――ことへのこだわりを改めて示した。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads