【FC東京×鹿島】久保建英3得点に絡む。永井、オリヴェイラが電光石火のゴール

鹿島戦で突破を図るFC東京の久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ほぼ満員の味スタ、30分で3ゴールを先取!

[J1 7節] FC東京 – 鹿島/2019年4月14日/味の素スタジアム

 FC東京が鹿島アントラーズに開始早々3ゴールを奪う幸先の良いスタートを切った。

 開始早々の5分、ホームチームが主導権を握るなか、久保建英が右サイドに展開し、室屋成がクロスを放つ。しかし、これは東慶悟に合わず。ただ、そのボールを髙萩洋次郎が拾って再び組み立て直す。その流れで左サイドの小川諒也からのクロスを永井謙佑がヘディングで合わせて先制点を奪ってみせる。

 さらに16分、鹿島が攻め込むなか、自陣ゴール前でボール奪取に成功。するとそこからボールを受けた久保が前を向いてフワっと浮かせたパスを供給。ここから抜け出した永井がディエゴ・オリヴェイラにスルーパスを放つ。するとディエゴ・オリヴェイラがスピードを生かして抜け出し、GK曽ヶ端準との1対1を制してシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。

 30分には再びゴール前で、久保が左足で浮かしたクリアボールがそのまま前線へ流れる。これをディエゴ・オリヴェイラが受けてそのまま持ち込み、さらに1点を追加した。

 開幕から4勝2分と無敗をキープするホームのFC東京。ほぼ満員に埋まった味スタで、鹿島相手にその後も試合の主導権を握っている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads