ポドルスキが結束強調「一番大切なのは…」。神戸、明日浦和戦!

神戸のポドルスキ(左)とキム・スンギュ。(C)SAKANOWA

キャプテン返上、どのような影響が出るのか……。

[J1 8節] 浦和 – 神戸/2018年4月20日/埼玉スタジアム2〇〇2

 ヴィッセル神戸のフアン・マヌエル・リージョ前監督の突然の契約解除と吉田孝行監督の復帰に伴い、ルーカス・ポドルスキがキャプテンの座を返上したことを自身のSNSのツイッター( @Podolski10 )で発表。さらにその後の意味深なつぶやきの連続により、さまざまな憶測が広がっている。

 ポドルスキは18日にツイッターで、特にSNSで広く使われている英語のウィット(出典は不明)とともに、「事実(ファクト) 100%」とつぶやいた。

 そのウィットは次の通り。

「Stop expecting Loyalty from people who can’t even give you Honesty」

(誠意を見せられない人に、忠誠なんて期待するな)

 さらにその約4時間後、大阪で息子の肩に手を回して一緒にいる写真とともに、次のように英語のメッセージを発信した。

「君と一緒にいること以上に大切なことはないよ。俺たちはチームだ、そして俺はいつも見守っている」

 家族への愛こそ大事だという想い。同時に、神戸のサポーターに”何か”を訴えているメッセージと受け取ることもできる。

 神戸は明日20日13時から、アウェーの埼玉スタジアムで浦和レッズと対戦する。観衆5万人超えは確実視される満員のスタジアムで、果たして、アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャらどのような陣容で臨むのか? ポドルスキの起用法は? リーグ戦は3勝1分3敗の勝率5割で10位。再び勝ち越せるのか、それとも……。

 まさにいろいろな意味で、分岐点と言える一戦を迎える。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads