久保建英が実感する「FC東京無敗&首位」の要因とは?

FC東京の久保建英。者損:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「誰が見ても分かる特長を持った選手がたくさんいて、生かさない手はない」

[J1 9節] FC東京 2-0 松本/2019年4月28日/味の素スタジアム

 FC東京の久保建英が松本山雅FC戦、それまでソリッドな守備を貫いてきた松本陣内に一瞬できた隙を突いて永井謙佑へのパスを通して先制点をアシストし、さらにペナルティエリアで仕掛けて橋内優也に倒されPKを獲得し2点目ももたらした。

「試合を通して良かったと思います」

  2試合ぶりのリーグ戦のピッチに立つと、本人がそのように手応えを得ていたように、今季3度目のフル出場を果たした。

 先制点の永井へのアシストとなったパスは、「少し緩くなってしまったが、芝が濡れてボールが走っていたので、結果、(ゴールが)入って良かったです」と振り返った。また2点目のPKは「(自身が獲得したので)蹴りたかったですけれど、チームなので」と、ディエゴ・オリヴェイラに託した。

 永井のスピードを生かし、ディエゴ・オリヴェイラのパワーと技術を引き出し、東慶悟や髙萩洋次郎のハイクオリティな技とダイナミックさ……その特長を引き出すことに、久保自身も楽しみを感じているという。

「誰が見ても分かる特長を持っている選手はあまりいないと思いますし、そういう選手が何人もいることは自分たちのチームにとって大きなアドバンテージだと思います。それを生かさない手はありません」

 そのなかでも、やはり永井の足は特別=FC東京の最強の武器だと感じている。

「永井選手はサッカーをやっていなくてもいいところまで行けるんじゃないかなっていうぐらい足が速いので、ちょっと遅れてでも全然パスを出すことができています」

 実際、全員が自信を持ってプレーできている。その自信をさらに深めることができているのは、ボールを収めて攻撃の起点となれる久保の存在があるから。

 そして、こうして永井が自慢の足を生かしてゴールを決めることで、久保もまた自信を深めめている。まさにチーム内で、プラスの相乗効果ができている。しかも、これまで7勝2分の無敗で首位と「結果」にも表れている。

  松本の反町康治監督も「非常となる日本人選手の高い質を見せてもらったと思います。これからどのような道筋を辿り、どのような選手になっていくのか楽しみ。将来、日本を背負って立つようなプレーヤーになってもらいたいですし、応援しています」とまで称賛していた。

 久保が自信を深め、弟役から主役へ――FC東京を牽引する立場を担うようになってきた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads