令和初タイトルは猶本光だ!女子DFBカップ決勝に挑戦

浦和時代の猶本光。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

「令和元日」の5月1日、強豪ヴォルフスブルクとケルンで決戦。

 なでしこジャパン(日本女子代表)のMF猶本光が所属するSCフライブルクが5月1日、クラブ史上初のタイトルを懸けて女子DFBカップ決勝に臨む。

 ケルンのラインエネルギーシュタディオンで現地時間17時15分に開始。対戦相手は現在女子ブンデスリーガで17勝2分1敗(91得点11失点)と驚異の成績で首位に立つVflヴォルフスブルクだ。

 フライブルクは7勝4分9敗(40得点29失点)の7位。しかも負傷者が出ている厳しい状況だ。

 明らかにヴォルフスブルク優位ではある。ただ「令和元日」に迎える決勝。猶本がキーパーソンになるかもしれない。

 猶本は自身のSNSのツイッター( アカウントは @hikaru_naomoto )で、次のように決戦に向けてつぶやいていた。

「え?平成から令和になったって?! なんだか全く実感がないなぁ。明日はポカール決勝。時代がかわっても、いつも通り行きましょ。」

 猶本は4月28日の女子ブンデスリーガのSGSエッセン戦にフル出場し、1-2で敗れている。中2日での決勝とあって、ターンオーバーが採用される見込み。猶本の先発はあるのか? ベンチスタートであっても起用されるか? チャンスを掴めば、ぜひ思い切ってゴールも狙ってもらいたい!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads