CLに続け「奇跡を起こす!」。長谷部のフランクフルトがチェルシーとEL準決勝

フランクフルトの長谷部誠。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ヒュッター監督は「レバークーゼン戦から100パーセント違う顔を見せる」と誓う。

[EL 準決勝 2nd] チェルシー – フランクフルト/2019年5月9日21:00(日本時間10日4:00)/スタンフォード・ブリッジ

 アイントラハト・フランクフルトが、プレミアリーグのチェルシーFCとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2戦(セカンドレグ)に臨む。長谷部誠の所属するフランクフルトはホームで1-1と引き分けており、このアウェーゲームで勝つか、2ゴール以上の引き分けで決勝進出が決定。敗れるか、またはスコアレスドロー(アウェーゴール数により)に終わると敗退が決まる。

 直前のブンデスリーガ32節・バイエル・レバークーゼン戦ではショッキングな1-6の大敗を喫した。移動を伴う中3日での一戦、選手たちがどのように気持ちを切り替えて臨めるかがポイントとなる。

 フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は試合前日の公式記者会見で、次のように抱負を語った。

「あのような(レバークーゼン戦)敗戦を喫し、普段の秩序を取り戻すことは簡単ではありません。さまざまな分析を行ったうえで、まず選手たちが精神的にリフレッシュできるように1日オフを与えました。新鮮な気持ちで、レバークーゼン戦とはまったく異なる、100パーセント別の顔を見せてくれると確信しています」

「決勝に進むためには、より優れたゲームをしなければなりません。本当に奇跡的と言えます、私たちが準決勝まで来たことは。さらに驚きをもたらすためには、完璧なゲームをしなければならないでしょう。チェルシーは来年のチャンピオンズリーグの出場権を得ています。自信を持って戦ってくるに違いありません。私は選手たちにフルキャノンで戦うことを期待しています」

 リバプールFCがFCバルセロナから4ゴールを奪ったチャンピオンズリーグ準決勝第2戦についても話題が及んだ。指揮官は「リバプールがチームとしてどのように機能しているのか、それは印象的でした。一流のチームスピリットを見せていました。情熱、献身、勇気が、そこにはありました。それらを私たちは明日、ピッチに持ち込まなければいけません」

 次に奇跡を起こすのは俺たちだ――。その強い意気込みが伝わってくる。

 果たして、メンバ―変更はあるのか? 長谷部の起用法やポジションは? 試合は現地時間9日21時、日本時間の10日午前4時にキックオフを迎える。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads