【FC東京】決勝弾の久保建英がTT兄弟パフォ!「広報の方の株が上がった」

久保建英がチョコレートプラネット「TT兄弟」と「T」パフォーマンス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

左ボレーで今季初ゴール。磐田の守護神カミンスキーからのゴールに「自信になると思います」

[J1 11節] FC東京 1-0 磐田/2019年5月12日/味の素スタジアム

 FC東京のMF久保建英がジュビロ磐田戦、4-4-2の右MFで先発し、84分に今季リーグ初となるゴールを左ボレーで叩き込み、これが決勝点となった。久保にとって昨季の横浜F・マリノス時代(5試合1得点)以来となる、FC東京では初となるJ1リーグ戦でのゴール。FC東京は8勝3分と無敗のまま首位をキープ。

 84分、太田宏介のコーナーキック。渡辺剛のヘッドが枠を捉えるが、DFにはじき返される。ゴール前に浮いたクリアボールに素早く反応したのがFC東京の15番だ。

 走り込んだ久保は左足を鋭く振り抜く――。

「コンパクトに振ることを意識していました。あまり上がりすぎないようにと。今言うと後出しじゃんけんのようになりますが、空気抵抗に押されて山なりにならないように、と。そこを意識しました」

 その狙い通りに弾道は小さく弧を描き、ファーサイドのサイドネットを揺らす。それまで再三に渡り「神セーブ」を連発していたカミンスキーの牙城を打ち破ってみせた。

「カミンスキー選手は毎週止めていますし、今日も3本は決定的なシュートを阻まれていました。カミンスキー選手がいなかったら、また違った展開になっていたかもしれない。それぐらいの選手からゴールを奪えたことは、自信になるかなと思います」

 そうゴールを振り返った久保。その瞬間を確認すると、一目散にベンチのほうへ駆け込み、東京の「T」でゴールパフォーマンス。この日、ゲストでハーフタイムショーも行ったお笑いコンビのチョコレートプラネットの「TT兄弟」と、しっかりコラボレーションしてみせた。

「試合前に、広報の方から(チョコレートプラネットが)今日来ていると聞いていて、『ゴールを決めたら(「T」のパフォーマンスを)やってね』と言われていました。これで広報の方の株も上がったんじゃないですか」

 久保はそのように語り、報道陣を笑わせた。

「結果だけを残せばいい、というタイプではないです。けれど今日ぐらいは(自分のことを)許してあげてもいいかなと思います。あの時間帯に決めることができましたから」

 劣勢を強いられた。それでも最後に一仕事。「TOKYO」の久保が、強烈なインパクトを残した――。

磐田戦、FC東京の久保が決めた!「T」パフォーマンス!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads