カミンスキーが久保建英のゴールに白旗「技術だけではなく…」│FC東京×磐田

磐田のカミンスキー(左)もFC東京の久保建英(右)を高く評価。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

神セーブ連発!CKから小川航基のスーパークリアの直後に。

[J1 11節] FC東京 1-0 磐田/2019年5月12日/味の素スタジアム

 ジュビロ磐田のGKカミンスキーはFC東京戦、再三にわたりビッグセーブを連発したものの、84分、久保建英の今季初ゴールとなる左ボレーに沈んだ。この1点が決勝点となり、磐田は今季初の連勝を逃した。

 84分、相手コーナーキックから枠内に飛んだ渡辺剛のヘディングシュートを、まず小川航基がゴールライン上ぎりぎりのところで身を挺して跳ね返した。しかし――駆け込んだ久保のボレー弾が人垣を越え、ファーサイドの深い位置に飛ぶ。

 カミンスキーも左へ飛んだが……一歩及ばず、サイドネットを揺らした。

 カミンスキーは、そのゴールシーンを次のように振り返った。

「まずシュートを打たれたインパクトの瞬間、ボールが見えませんでした。そのため、反応が少し遅れました。それでもボールサイドの近いところまで手を伸ばせました。が、非常にいいコースにボールが飛びました。一歩、届きませんでした」

 カミンスキーとしては、そのまま枠を越えて飛んでいくことの多いボールの軌道だった。しかし、久保の「空気抵抗に押されて、上がりすぎないように意識しました」と力が抑え込まれた弾道が、カミンスキーの指先を抜けて、ゴール隅に突き刺さった。

 カミンスキーはそのシュートのみならず、久保のプレーを高く評価していた。

「あらゆるプレーのクオリティが高かった。何よりテクニックのみならず、スピードがある。多くのポテンシャルを持っていて、まだまだこれから良くなっていくはず。ここから将来、1年1年どんどん成長していくのか楽しみ。期待しているよ」

 カミンスキーはFC東京戦、2017年から4試合連続で無失点に抑えてきた(2勝2分)。その牙城を打ち破った17歳の新星――。5年目を迎えJリーグを代表するGKの一人に挙げられるカミンスキーは、この失点を発奮材料にしようとしていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads