【FC東京】スーパーゴールの久保建英が「その可能性が消えた」と胸を撫でおろしたこと

磐田戦、FC東京の久保建英が決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「さすがだな」と長谷川健太監督も頷く。

[J1 11節] FC東京 1-0 磐田/2019年5月12日/味の素スタジアム

 FC東京のMF久保建英がジュビロ磐田戦の84分、左ボレーで今季リーグ初、FC東京でJ1リーグ初となるゴールを決めた。ルヴァンカップのグループステージ3節のサガン鳥栖戦では、すでに直接フリーキックからゴールを奪っていた。次は――と期待されていたリーグ戦の一撃。本人は次のように胸を撫でおろした。

「みんなが自分のゴールに期待してくれていることはマイナスではないと思っていました。それで今回1点を取れたので、これでノーゴールで終わる可能性が消えたことは良かったです」

 チームは8勝3分と無敗。そのなかで右MFで先発出場を続けながらゴールを奪えずにいた。いつかは決まるはず……という周囲の期待。その空気も感じ取っていた。それだけに喜びもひとしおだった。

「(ゴールの瞬間は)本当にあまり覚えていないです。難しいというか、きれいなゴールは、直感みたいな感じで決まるので。ただ、みんなに褒めてもらえたのは、嬉しかったです。いつも褒める側だったのったで、かなり」

 これまでバーやポストを叩くシュートを4本放っていた。それだけに……決まるのは時間の問題かとも思われた。ただ記録に残る「1点」はやはり重みがあった。

「思っていたよりも遅くなってしまいましたけれど、素直に喜びたいです」

「1点は1点。これまで(得点がなかった時期)のことは忘れて、辛くなったらこの日を思い出したいです」

 FC東京の長谷川健太監督も試合後の記者会見で、「シュート技術はチームでトップクラス。難しいボレーだったと思うが、あのへんの巧さはさすがだなと思いました」と頷いた。

 昨季の横浜F・マリノスへの期限付き移籍中、24節のヴィッセル神戸戦で自身のJ1初ゴールを決めていた。そう考えると、ちょっと時間はかかった。その分、カミンスキーの牙城を破ったボレー弾はまたインパクトも十分だった。17歳の久保建英が、新たな時代へと向かう扉をこじ開けた。

文:サカノワ編集グループ 

Ads

Ads