【浦和×湘南】「令和の大誤審」審判がゴールを見逃す

まさかの大誤審。杉岡がゴールを決めた、はずだったが……。写真:上岸卓志/(C)Takashi UEGISHI

杉岡のシュートがゴールネットを揺らしたあと、ボールはGK西川のもとへ。

[J1 12節] 浦和 2-3 湘南/2019年5月17日19:30/埼玉スタジアム2〇〇2

 前代未聞というべきか、あり得ない事態が起きた――。浦和レッズ対湘南ベルマーレの一戦、埼玉スタジアムは、審判がゴールを見逃すという「令和の大誤審」に揺れた。

 浦和の2-0で迎えた31分、湘南の杉岡がゴール正面から左足を振り抜いてシュートを放つ。

 ボールはまず右ポスト(GK西川周作の左手側)に当たって、逆サイドのゴールネットを揺らす。そのボールが勢いよくGK西川の手元に飛んできた。

 湘南のゴール。1点を返した杉岡は選手たちとハイタッチをする。

 しかし――西川がスローしたボールを、長澤和輝が持ち上がってゲーム続行される。

 スタジアムの観客全員が、呆気にとられた。というか、何が起きたのか理解できなかった。

 山本雄大主審がゴールを見逃すという、前代未聞の”事件”が起きたのだ。

 VTRで見ると……主審はシュートを追っていなかったようだ。さらに副審はシュートに追い付いておらず、ボールの軌道も追い切れていない。さらに逆サイドの副審も、第4の審判も把握していない。

 その後、湘南の選手と曺貴裁はもちろんのこと抗議。試合は約7分間中断されたが、判定は覆ることはなかった。

 ハーフタイムには、指揮官が詰め寄る場面も見られた。そしてハーフタイムにスタジアムで映された「前半のハイライト」に、その”ゴールシーン”は反映されなかった。

 試合は後半に突入。するとハーフタイムを挟んで投入された菊地俊介が2ゴールを奪い同点に。さらに90+4分、ラストプレーで山根視来が渾身のシュートを突き刺し、3-2で湘南が逆転! 土壇場でアウェーチームが大逆転勝利を収めた。 

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads