【浦和×北京国安】長澤和輝が魂の1得点1アシスト「強い気持ちで臨んだ」

ACL北京国安戦、浦和の長澤和輝が決めた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

全員が強い気持ちを持っていた。だから途中出場からでも、絶対にゴールを決める――と。

[ACL GS6節] 浦和 3-0 北京国安/2019年5月21日/埼玉スタジアム2〇〇2

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終6節、浦和レッズのMF長澤和輝が圧巻の1得点1アシストで、勝利に貢献した。

 ホームの浦和は開始早々に相手のファウルを受けた柏木陽介が、プレー続行不能になり13分で長澤と交代に。その後も両チームともに高いテンションで激しく競り合い、それぞれチャンスを作り出していく。

 そして長澤がこの日の文句なしの”主役”を演じることになる。

 34分、ゴール正面でボールをキープした武藤雄樹が粘ってパス。これを受けた長澤が相手をブロックしながら切れ込んで、シュートをねじ込み先制に成功する。

 さらに41分、背後からブラジル代表レナト・アウグストのファウル気味のプレスを受けながらも粘ってドリブルを続けた長澤が、左サイドのタッチライン沿いでドリブルで切れ込む。そして、背番号7からのパスを受けた武藤がシュート! リードを2点に広げた。

 さらに81分に興梠慎三がトドメの3点目! 守っても無失点に抑えてみせた。

 長澤は主催者のAFC発表のマンオブザマッチに選出された。試合後の記者会見で次のように語った。

「柏木選手の負傷で、前半の早い時間帯で出場することになりました。決勝トーナメントに進むには絶対にここで勝利が必要で、全員が強い気持ちでこの試合に臨んでいました。僕も途中からですが、絶対に点を取って決めてやる、という強い気持ちを持って臨み、それが結果につながったので、素直に嬉しかったです」

 強さを見せつけた2点目。長澤は次のように振り返った。

「上手く相手を剥がしてドリブル突破できて、ゴールに向かって行きました。シュート、パス、ドリブルと、どこまでするか選択肢があるなか、シュートを打とうと思って切れ込むと、武藤選手がフリーになったのが見えたので、判断を変えました。彼の良い動きがゴールにつながったと思います」

 使いすぎると陳腐になってしまうが……。そのプレーは間違いなく、魂のこもったプレーだった。埼スタに集った2万人を超すサポーターの心を揺さぶる傑出のパフォーマンスだった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads