FC東京の長谷川健太監督「足が重たく、試合が動かなかった」。C大阪戦で今季初黒星

FC東京の長谷川健太監督。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

2日連続の移動も影響。6試合ぶりの失点を喫し、ノーゴールに終わる。

[J1 13節] C大阪 0-1 FC東京/2019年5月25日/ヤンマースタジアム長居

 開幕から12試合無敗で首位を走ってきたFC東京が、アウェーでの13節セレッソ大阪戦でついに今季初黒星を喫した。C大阪のブルーノ・メンデスのヘディングシュートにより6試合ぶりの失点を喫し、0-1で敗れた。

 試合終了間際にディエゴ・オリヴェイラがGKキム・ジンヒョンとの1対1に持ち込みながら止められるなど、限られたチャンスをモノにできなかった。日本代表に初選出された久保建英はフル出場。ただC大阪に対策を練られ、ゴール前で見せ場を作れなかった。FC東京はC大阪に対し5連敗。

 FC東京の長谷川健太監督は試合後のフラッシュインタビューで次のように語った。

「なかなかゲームが動かなかったなと思います。難しい時間が多かったなか、選手は焦れずにしっかり戦ってくれましたが、今日は足が動かなかったな、と。いろいろメンバーを代えてみましたが、みんな足が重く、そのなかでクロスから一発を決められてしまいました」

 指揮官は特に攻撃面の迫力不足を感じていた。

「今日は迫力のある攻撃をあまりできませんでした。後半も大きなチャンスは最後の1本ぐらいでしたが、だいぶボールを持って、深く崩す場面もあり、前半より多少は改善されましたが」

 気温29.8度という暑さ。加えて、ルヴァンカップのアウェーサガン鳥栖戦(〇1-0)から2日連続の移動を挟んで、この試合に臨むという強硬スケジュール。中心選手のコンディション面への影響は少なからずあった。

 そういったなかで喫した今季初黒星。指揮官はしっかり休んで切り替えることを強調した。

「もう、切り替えてやるしかないです。移動、移動という中2日の日程も影響しました。このあとのホームのゲームが大事になるので、しっかり休んで次節に備えたいと思います」

 勝点30のFC東京は2位以下の成績にかかわらず、今節は首位をキープ。次節は6月1日14時から、ホームの味の素スタジアムで大分トリニータと対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads