【川崎×札幌】大誤審の山本雄大主審”復帰戦”。いきなりPK2本を与える

浦和対湘南戦での山本雄大主審。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

躊躇わずジャッジ! 前半のうちに両チームに1本ずつ、札幌先制。

[J1 15節] 川崎 1-1 札幌/2019年6月14日/等々力陸上競技場

 川崎フロンターレ対北海道コンサドーレ札幌の一戦、12節の浦和レッズ対湘南ベルマーレ戦(スコアは2-3)でゴールを見逃す「世紀の大誤審」をした山本雄大主審が2週間の割り当て停止の処分が明けて、3試合ぶりに笛を吹いた。すると前半、躊躇わず両チームに1本ずつPKを与える判定を下した。

 最終ラインからのビルドアップとハードワークを怠らない全員での守備を武器とする両チームの対戦は、立ち上がりから目まぐるしく主導権が入れ替わる展開に。川崎がやや優勢に試合を進めるなか、迎えた25分、左サイドのペナルティエリアから外へドリブルで抜けてキープしようとした長谷川竜也に、右ウイングバックの早川良太が後方から足をかけたとして、山本主審は笛を吹き「PK」を宣告。

 長谷川はややボールコントロールを誤ったとも見えたが、VTRだと、早坂の足も確かにかかっていた。川崎の選手もやや驚いた様子だったが、もちろん札幌の選手たちの抗議は受け入れられず。

 しかし――。そのレアンドロ・ダミアンのPKを、札幌のGKク・ソンユンがセーブ! アウェーチームは九死に一生を得た。

 すると37分、今度は札幌がPKを獲得する。

 ロングボールからのこぼれ玉をペナルティエリア内で競り合う。今度はジェイが後方から足を伸ばしたジェジエウに蹴られた(倒された)として、山本主審は迷うことなくペナルティキックを告げた。

 今度は川崎の選手たちが猛抗議したものの判定は覆らず、一方、札幌の選手たちはハイタッチで喜び合った。

 まさかの両チームに1本ずつPKが与えられる展開。そして39分、このキックを鈴木武蔵が決めて、札幌が先制に成功した。

 前半は1-0と、札幌のリードのまま折り返している。川崎は後半開始からレアンドロ・ダミアンに代えて小林悠を投入している。

 後半にも選手が異議と唱えるシーンが何度か見られた。が、終盤は両チームともにチャンスを作り出す白熱した展開に。川崎が1-1に追いついて、試合は終了。川崎の鬼木達監督、札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督、それぞれ山本主審のもとに歩み寄り握手を交わしていた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads