【移籍情報】千葉が元ユース日本代表のGK高木和徹を獲得

千葉のメンバー(ちば銀カップより)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

育成型レンタルで今季末まで。昨季カップ戦6試合に出場。

 ジェフユナイテッド市原・千葉が3月5日、清水エスパルスのGK高木和徹(たかぎわ・とおる)を育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。契約により両チームの全ての公式戦に出場できない。

 移籍期間は3月5日から2019年1月31日まで。背番号は29。高木は1995年4月15日生まれの22歳。185センチ・81キロ。ポジションはGK。栃木県出身。これまでの経歴は、清水エスパルスユース—清水エスパルス(2014~18)。

 2012年から14年まで、U-17からU-19日本代表に選ばれた経験を持つ。これまでJ3通算14試合に出場(JリーグU22選抜として)。昨季公式戦デビューを果たし、ルヴァンカップ2試合、天皇杯4試合に出場。今季の出場歴はなし。

 高木和は千葉の公式HPで、「皆さんに早く覚えてもらえるように試合に出て活躍したいと思います。チームのために全力を注ぎますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads