【ACL】金崎夢生が先制点を決めたが…鹿島はシドニーとドロー。グループ首位キープ

金崎夢生(写真は前回大会より)写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

大会主催者発表のマン・オブ・ザ・マッチには永木が選ばれる。

[ACL GS4節] 鹿島 1-1 シドニー/2018年3月13日/カシマ

 鹿島アントラーズが金崎夢生のゴールで先制したものの、後半にシドニーに追い付かれ1-1で引き分けた。勝点1を積み上げた鹿島は2勝3分の通算勝点9で、グループHの首位をキープ。

 Jリーグとの連戦が続くなか、ホームチームはグループ最下位のシドニー相手にスタメンを大幅に変更。立ち上がりから高い集中力を見せ、27分、レオ・シルバのCKから小田、永木とつないで、最後は折り返しを金崎がヘッドで押し込み先制する。その後は一進一退の攻防が続いたが、70分、一瞬のミスを突かれて失点を喫してしまう。

 試合終盤には阪南大卒の新人・山口一真らを投入し、鹿島がシドニーゴールに襲い掛かったが……アディショナルタイムのレオ・シルバの決定的なミドルも枠をそれてゴールならず。結局、1-1で引き分けた鹿島は、このあと行なわれる同組の上海申花と水原三星の結果を問わず、首位をキープした。

 大会主催者発表のマン・オブ・ザ・マッチにはボランチでフル出場した永木亮太が選ばれた。

 鹿島は4月3日にアウェーで上海申花と対戦する。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads