安藤瑞季2戦連発、宮代大聖2ゴール、山田康太も決めた! U-19日本代表がU-19インドネシア代表に快勝

浦和の橋岡大樹もフル出場。(C)SAKANOWA

10月のU-19アジ選手権に向けて弾みをつける。 

[親善試合]U-19日本代表 4-1 U-19インドネシア代表/2018年3月25日/ゲロラ・ブン・カルノ(ジャカルタ)

 インドネシア・ジャカルタ遠征中のU-19日本代表が3月25日、U-19インドネシア代表に4-1の勝利を収めた。この遠征は今年10月に同国で開催されるU-19アジア選手権に向けたシミュレーションとして、Jリーグ中断期間の3月20日から27日まで組まれたもの。U-19アジア選手権は来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ・アジア予選を兼ね、上位4チームに世界大会行きの出場権が与えられる。

 約4000人の観衆が見守るなか、開始16分に宮代大聖(川崎U-18)が先制。後半に入ると、48分に山田康太(横浜F・マリノス)、49分に再び宮代、そして80分に安藤瑞季(セレッソ大阪)がチレゴン・ユナイテッドとの第1戦に続いてゴール。90+5分に1失点を喫したが、日本が4-1で勝利を収めた。

 日本は27日に地元のペルシカ・カラワングと練習試合を行って帰国する。U-19アジア選手権は2018年10月18日から11月4日まで(予定)インドネシアで開催され、韓国、オーストラリア、北朝鮮、中国など強豪が順当に顔を揃えている。

 U-19インドネシア戦の出場メンバーは次の通り。

▽先発(交代時間)=GK大迫敬介(▽81分)、DF石原広教、橋岡大樹、小林友希、東俊希(▽73分)、MF堀研太(▽73分)、伊藤洋輝(▽73分)、山田康太(▽63分)、川井歩(▽HT)、FW安藤瑞季(▽81分)、宮代大聖(▽63分)

▽サブ(交代出場時間)▽GK若原智哉、谷晃生(▲81分)、▽DF阿部海大、谷口栄斗、荻原拓也(▲81分)、▽MF安部裕葵(▲63分)、郷家友太(▲63分)、齊藤未月(▲HT)、川村拓夢(▲73分)、髙橋大悟(▲73分)、喜田陽(▲73分)

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads