初先発の永井謙佑が明かす2トップ起用プラン「スペースがあり良さを出せる」

昨季は1得点に終わった永井。復活なるか(写真は昨年の練習より)(C)SAKANOWA

FC東京3連勝。「ファーサイドを狙って」生まれた東の先制点は狙い通り! 

[J1 5節] FC東京 3-2 G大阪/2018年3月31日/味の素スタジアム

 まさに電光石火だった。

 『G大阪対策』として2トップの一角で今季リーグ初先発したFC東京のFW永井謙佑が開始早々の2分、ディエゴ・オリヴェイラのポストプレーの落としから右サイドを駆け上がり、躊躇わず右足を振り抜く。

「シュートはニアの上よりもファーを狙っていこうと話が出ていて、(得点シーンは)立ち上がりだったし、プレッシャーをかけていったなかで打てました」

 そのように永井が振り返った通り、シュートはファーサイドを突く。すると横っ飛びしたGK東口順昭に弾かれるものの、ボールがこぼれるのを予感してていたかのように逆サイドから駆け込んだ東慶悟が左足で突き刺し、先制に成功する。

 ある意味、FC東京の狙い通りの一撃だったわけだ。

 その後も長谷川健太監督の古巣相手に立てたプランである、センターバックへのプレッシングを永井は怠らず、相手の間延びを誘い、同時にFC東京のハイランによる守備を実現させた。

 ディエゴ・オリヴェイラとの2トップ起用により、永井がダイナミックなプレーを随所で披露できたことは、チームにとって大きな収穫となったはず。D・オリヴェイラ&永井コンビは計算が立ち、加えてより進化が期待できる新たなプランに加わった。

「特に立ち上がりは、相手の良さを消したかった。パスをつながれると相手の良さが生きてきますから。だから相手がバックパスしたときにはしっかり寄せて、長いボールを蹴らせるイメージを持ってやっていました。長いボールを蹴られても、こっちは強い(チャン)ヒョンスと森くん(森重)がいますから」

 60分に前田遼一と交代してピッチを退き、チームの3-2の勝利に貢献。あとは、永井のゴールが生まれていれば、より理想的だったと言えるか。

「自分が、自分がというわけではなく、周りとの関係もあるなかで、試合を進められました。その中でシュートチャンスが来ればもちろん狙っていこうと思っていました。(ゴールが欲しかったのでは?)前半2本ほどチャンスがあり、二本目はファーサイドに見えたコースを狙ったが、決めなければいけなかった。やっぱりゴールは、ほしいですね。(小川)諒也や(髙萩)洋次郎くんがパスを狙ってくれていましたし、あとは自分が決め切って、チームを助けていきたいです」

 自身が走ることで、チームのリズムを作る。そんな役割を担うこともできた。その流れの中で、FC東京の11番はゴールを決めていきたいという。

「(2トップ起用は)前を向けて、より広いスペースがあり良さを出しやすいですね」

 韋駄天復活の予兆と言える電光石火の活躍。そうしっかり前を見据えて語る永井は、とてもいい目つきをしていた。

取材・文:塚越始

Ads

Ads