【選手採点&レポート│川崎 0-1 広島】ビッグセーブで流れを引き寄せた林卓人をMOMに選出

[マン・オブ・ザ・マッチ]林 卓人(広島)

佐々木、稲垣の球際の強さ、さらに途中出場の川辺も効いた。

[J1 5節] 川崎 0-1 広島/2018年3月31日/等々力陸上競技場

【MATCH REPORT広島が川崎のパスワークを遮断し、パトリックにボールを集める。そして勝負どころで投入された川辺が、E・ネットの攻め上がりを封じながら、攻撃に厚みももたらす。そしてパトリックが決勝ゴールを決めた。誤審を繰り返した審判団は、決断が人任せになっていた。また、オフサイド判定に関わる当事者の広島の選手(フェアプレーが信条だったはず……)までも審判に詰め寄り何か言っていたのは、とても残念でならなかった。

□川崎フロンターレ
KAWASAKI FRONTALE
【選手採点】
GK
1 チョン・ソンリョン 3
DF
18 エウシーニョ 3
5 谷口彰悟 3
7 車屋紳太郎 4
2 登里享平 3(78分▼)
MF
21 エドゥアルド・ネット 2
19 森谷賢太郎 3(60分▼)
14 中村憲剛  3
41 家長昭博 3
8 阿部 浩之 3(74分▼)
FW
13 大久保嘉人 3

交代出場
FW
11 小林 悠 3(60分)
MF
25 守田英正 ―(74分△)
MF
16 長谷川竜也 ―(78分△)

【採点理由】広島に長所を消されながらも、主導権を握り勝機を見出していった。我慢強く敵陣の急所を探った中村のプレーは光ったがやや小さなミスも目立った。E・ネットは途中出場の川辺への対応に迷いが見られ、終盤に持ち味を発揮できず。ただ、全体的には可もなく不可もなく。決して悪くはないパフォーマンスを見せていた。敗れても崩れないのが今季の強み。次戦、チーム力が問われる。

□サンフレッチェ広島
SANFRECCE HIROSHIMA
【選手採点】
GK
1 林 卓人 4 [MOM]
DF
33 和田拓也 2
2 野上結貴  3
4 水本裕貴 3
19 佐々木翔 4
MF
6 青山敏弘 3
15 稲垣 祥 4
18 柏 好文 3(87分▽)
FW
39 パトリック 4
9 工藤壮人 2(59分▽)

交代出場
36 川辺 駿 4(59分▲)
FW
23 吉野恭平 ―(87分▲)

【採点理由】厳しいマークに苦しみながらもポストプレーをこなし決勝点をねじ込んだパトリック、ビッグセーブで流れを引き寄せた林、空中戦や1対1で強さを発揮した佐々木に「4」をつけた。稲垣の奮闘ぶりも光り、交代出場の川辺は相手の嫌がる存在に。「誤審」により後味が悪くなったが、普段より安定感を欠いた和田の採点を下げた。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視し、評価にも反映させていきます。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads