【神奈川ダービー】川崎の齋藤学が日産スタジアムで新天地デビュー。熱戦は1-1でドロー

川崎の齋藤(右)と大久保。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

[J1 6節] 横浜FM 川崎/2018年4月8日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスと川崎フロンターレの「神奈川ダービー」は、両チームともに譲らず1-1で引き分けた。後半途中からは齋藤学が川崎での公式戦デビューを果たし、日産スタジアムはブーイングと拍手で包まれ騒然とした。

 序盤は川崎が、途中からは横浜FMが主導権を握るなど、流れが目まぐるしく入れ替わる展開に。しかし川崎の知念慶のシュートはポストを叩き、横浜FMの大津の決定的なショットは枠を外すなど、ゴールを決められない。

 後半に入ると両チームとも、さらに攻撃に比重を置き、迎えた58分に阿部の右サイドからのクロスを家長昭博が押し込み、川崎が先制に成功! しかし直後、横浜FMはユン・イルロクのCKに中澤佑二がヘッドで合わせ、これがエウシーニョに当たって同点とする。

 1-1のまま互いに譲らず、川崎は大久保嘉人、そして齋藤を投入。左サイドに入った齋藤がドリブル突破で持ち込み、大久保も強烈なミドルを放つなど攻め立てたものの横浜FMゴールを攻略できない。一方、ホームチームも交代出場した遠藤渓太が前線を活性化させ、終了間際にはウーゴ・ヴィエイラのショットがまたもポストを叩いてしまい……結局1-1で引き分けた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads