神戸、大阪、東京…イニエスタのJデビューはどこが有力か?

FCバルセロナのイニエスタ 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

W杯にスペイン代表として参戦。移籍ウインドーは20日から。28日のホーム柏戦、または8月初陣のC大阪戦に備える?

 FCバルセロナを今季限りで退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸への加入が、決定的になったと国内外のメディアが相次いで伝えている。20日のバルセロナのリーグ最終戦のあとにも発表されるという。

 もしもイニエスタのJリーグ挑戦が決まった場合、気になるのが、デビュー戦やその後のスケジュールだ。

 J1リーグは今週末の15節のあと、FIFAワールドカップ・ロシア大会に向けて中断期間に突入する。再開は7月18日水曜日の16節、神戸はアウェーでV・ファーレン長崎と対戦する。

 その週末の22日(日)にはホームで17節・湘南ベルマーレとのカードが組まれる。その後は、28日(土)ホームでの18節・柏レイソル戦、8月1日(水)アウェーでの19節・セレッソ大阪戦、8月5日(日)アウェーでの20節・FC東京戦、8月11日(土)のホームでの21節・ジュビロ磐田戦、15日(水)のホームでの22節・サンフレッチェ広島戦と続く。

 ただ、イニエスタはスペイン代表として、FIFAワールドカップ・ロシア大会に出場する。グループステージは6月26日(日本時間)まであり、決勝トーナメントに進出した場合、準々決勝は7月6日・7日、決勝は7月15日に組まれている。

 夏の移籍ウインドーは7月20日から。最短デビューは22日の湘南戦となる。契約が8月以降から結ばれる可能性もあり、となると、大阪(金鳥スタジアム)、東京(味の素スタジアム)、その後の神戸での連戦が候補となってくるか。もしくはしっかり休息をとって充電したあとの9月デビューも!?

  バルセロナを牽引してきたイニエスタがJリーグのピッチに立つ――その日は果たして本当に訪れるのか。やはり現実に目にするまではなかなか信じられない。まずは神戸加入の正式発表を待ちたいところだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads