橋岡、安部、郷家ら…日本は難敵イラク、北朝鮮、タイと同組に。U-19アジア選手権の組み合わせ決定

先のU-19日本代表のインドネシア遠征のメンバーにも選ばれた浦和レッズの荻原。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

10、11月にインドネシアで開催。勝ち上がれば、UAEやカタールと準々決勝で対戦か。

 来年のFIFA U-20ワールドカップ・ポーランド大会の予選となるAFC U-19アジア選手権・インドネシア大会の組み合わせ抽選会が5月18日に行われ、日本はイラク、タイ、北朝鮮と同組になった。16チームが出場し、上位4チームに世界大会への切符が与えられる。

 大会期間は10月18日から11月4日まで、インドネシアの首都ジャカルタなどで開催される。日本にとってはグループステージから強豪と同組に入ったが、この中から上位2チームが決勝トーナメントに進む。決勝トーナメントでは、グループAのインドネシア、アラブ首長国連邦、カタール、台湾(チャイニーズタイペイ)の勝ち上がりと対戦。1回戦(準々決勝)で勝つと、来年開催されるU-20ワールドカップの出場権を手にする。

 浦和レッズの橋岡大樹、荻原拓也、鹿島アントラーズの安部裕葵、ヴィッセル神戸の郷家友太ら東京五輪にも臨める世代であり、なんとしても世界への挑戦権を手にしたいところだ。

▽U-19アジア選手権・インドネシア大会
■組み合わせ■
<グループA>
インドネシア、アラブ首長国連邦、カタール、チャイニーズ・タイペイ

<グループB>
日本、イラク、タイ、朝鮮民主主義人民共和国

<グループC>
ベトナム、韓国、オーストラリア、ヨルダン

<グループD>
サウジアラビア、タジキスタン、中国、マレーシア

■大会期間■
2018年10月18日(木)~11月4日(日)

U-19日本代表 影山雅永監督コメント
いよいよAFC U-19選手権の組合せが決まりました。ディフェンディングチャンピオンとして臨みますが、ノックアウトステージを含め全試合が厳しい戦いになることが予想されますし、どのチームも力があるグループに入ったと思います。我々日本代表は、来年ポーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップの出場権を獲得するため、チームコンセプトの「相手から嫌がられるチーム」「上手いより強いチーム」を徹底し、毎試合全力でプレーをし、勝利を掴み取りたいです。10月の本番に向けては、5月末の国内キャンプ、6月および9月の海外遠征で代表活動を積み重ねていきます。一日も無駄にすることなく、意義のあるトレーニング・試合を重ね、選手たちとともに世界で戦う権利を得たいと思います。

■U-19日本代表 試合日程■
 10月19日(金)19:00 U-19日本代表 対 U-19朝鮮民主義人民共和国代表 (Pakansari Stadium)
10月22日(月)19:00 U-19タイ代表 対 U-19日本代表 (Pakansari Stadium)
10月25日(木)16:00 U-19日本代表 対 U-19イラク代表 (Pakansari Stadium)
10月28日(日)16:00/19:30 準々決勝 (Gelora Bung Karno Stadium)
11月1日 (木) 16:00/19:30 準決勝 (Gelora Bung Karno Stadium)
11月4日 (日) 19:30 決勝 (Gelora Bung Karno Stadium)

△上位4チームが、FIFA U-20ワールドカップポーランド2019の出場権を獲得します。

Ads

Ads