【G大阪】DF菅沼駿哉が腎損傷で2週間後に再検査

菅沼が離脱……。クルピ監督にとっても誤算に。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

下部組織出身で今季山形から加入。

 ガンバ大阪は5月22日、5月12日のJ1・14節の横浜F・マリノス戦で負傷したDF菅沼駿哉について、左外傷性腎損傷(ひだりがいしょうせいじんそんしょう)と発表した。全治は未定。2 週間後に再検査を実施する。

 今季の菅沼は横浜FM戦で今季リーグ2試合の先発を果たしてフル出場。さらにそのあとの16日のルヴァンカップの名古屋グランパス戦にも先発フル出場を果たしていた。

 菅沼は1990年5月17日生まれの28歳。G大阪の下部組織出身で2009年にトップ昇格を果たしたが出場機会を得られず、その後、様々なチームで経験を積み、今季、モンテディオ山形から加入した。今季リーグ2試合0得点、ルヴァンカップ3試合0得点。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads