なでしこエース対決、田中美南が5戦連続弾、岩渕真奈はチャンスを作ったが…

日テレ・ベレーザが首位に浮上!(写真は8節のベレーザ×仙台戦) 写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

ベレーザがINACに勝ち首位で前半戦を折り返す。

[なでしこリーグ 9節] INAC 0-1 ベレーザ/2018年6月3日/ノエビアスタジアム神戸

 なでしこリーグの対戦一巡目最後となる9節、日テレ・ベレーザがINAC神戸レオネッサに1-0で競り勝ち、首位に浮上した。なでしこジャパン(日本女子代表)のFW田中美南の5試合連続となるゴールが決勝点になった。

 拮抗した展開が続くなか、日本のエース候補のストライカーが抜群の嗅覚を働かせた。後半会早々の48分、岩清水梓のロングフィードを感じ取って、背後のスペースへ抜け出す。すると田中がDF二人に競り勝ち、シュートをねじ伏せた。

 53分、INACは京川舞に代えて、ベンチスタートだった岩渕真奈を投入。岩渕、中島依美、増矢理花が絡んだ連係から何度かチャンスを作ったものの、セットプレーの流れから高瀬愛実のヘディングシュートがバーを叩くなどなかなかゴールを割れない。

 一方、ベレーザは田中に加え、長谷川唯、宮澤ひなたが積極的に仕掛けて、3人でチームの総シュート12本中11本を放つなど躍動。さらにGK山下杏也加、有吉佐織、岩清水、宮川麻都、清水梨紗ら守備陣を中心に無失点に切り抜けて、無失点勝利を収めた。

 6勝2分1敗で総勝点20に伸ばしたベレーザが首位に浮上し、INACは6勝1分2敗の勝点19で2位として、前半戦を終えた。後半戦(対戦2巡目)はベレーザがこのまま4連覇へ突き進むのか、INACが意地を見せて巻き返すのか。さらに1部昇格2年目にしてINACと同勝点の3位に躍進するノジマステラ神奈川相模原、総得点2位の浦和レッズレディースにも十分にチャンスはある。ここからのカップ戦などを挟む間に、いかにチーム力を高めるかがポイントになる。

 10節は9月8日、9日に再開する。

 9節終了時の順位表は次の通り。

◇なでしこリーグ1部・順位表(9節終了時間)◇

順位 チーム名 勝点 試合 得点 失点 得失点
1 日テレ・ベレーザ 20 9 6 2 1 14 4 10
2 INAC神戸レオネッサ 19 9 6 1 2 21 6 15
3 ノジマステラ神奈川相模原 19 9 6 1 2 14 8 6
4 浦和レッドダイヤモンズレディース 18 9 6 0 3 15 8 7
5 AC長野パルセイロ・レディース 14 9 4 2 3 12 12 0
6 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 13 9 3 4 2 8 7 1
7 アルビレックス新潟レディース 11 9 3 2 4 11 14 -3
8 マイナビベガルタ仙台レディース 6 9 1 3 5 6 16 -10
9 セレッソ大阪堺レディース 4 9 1 1 7 8 22 -14
10 日体大FIELDS横浜 2 9 0 2 7 6 18 -12

Ads

Ads