W杯32か国の平均年齢、28.3歳の日本は6番目。1位は29.1歳の…

日本代表の武藤嘉紀 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

平均は27.4歳。グループリーグ対戦国、AFCの中で、日本が最も高齢に。

 FIFA(国際サッカー連盟)は6月4日、ワールドカップ・ロシア大会に参加する32か国の最終登録メンバーのリストを発表した。平均年齢を比較したところ、28.3歳の日本代表はロシアと並んで6番目に高かった。ベテランが多い選手構成だと言われるが、最も高齢だったのはコスタリカ代表で、唯一29歳台の29.1歳に。

 32か国の平均年齢は、27.4歳で、日本は約1歳高いチーム編成になる。

 最も若かったのがナイジェリアの25.5歳。日本とグループリーグで対戦する国では、ポーランド代表が27.9歳(12位)、コロンビアが27.6歳(16位タイ)、セネガル代表が26.7歳(23位)。同じアジア(AFC)代表国では、サウジアラビア代表が28.1歳(8位)、オーストラリアが27.6歳(16位タイ)、韓国代表が27.3歳(19位)、イランが26.7歳(23位)。グループリーグ、AFC、いずれも日本が最も高い年齢になった。

 また、ドイツ代表、スイス代表、デンマーク代表、イラン代表、セネガル代表の5か国が26.7歳で重なった。前回優勝のドイツだが、世代交代を進めながらチーム作りを進めていることが分かる。

 ワールドカップ出場国の平均年齢は次の通り。

◇ワールドカップ出場国 平均年齢(6月5日時点)◇

順位 国名 平均年齢(歳)
1 コスタリカ 29.1
2 メキシコ 28.9
3 パナマ 28.8
4 アルゼンチン 28.7
5 エジプト 28.4
6 日本 28.3
6 ロシア 28.3
8 ブラジル 28.1
8 アイスランド 28.1
8 サウジアラビア 28.1
11 スペイン 28.0
12 ポルトガル 27.9
12 ポーランド 27.9
14 スウェーデン 27.7
14 ウルグアイ 27.7
16 コロンビア 27.6
16 オーストラリア 27.6
18 クロアチア 27.4
19 韓国 27.3
20 ベルギー 27.1
21 ペルー 27.0
22 モロッコ 26.8
23 ドイツ 26.7
23 スイス 26.7
23 デンマーク 26.7
23 イラン 26.7
23 セネガル 26.7
28 セルビア 26.3
29 チュニジア 26.0
30 イングランド 25.6
30 フランス 25.6
32 ナイジェリア 25.5

Ads

Ads