【日本代表】「最後の3分の1」長谷部が2失点以上に悔やんだ”欠けているところ”

日本代表の長谷部誠 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「一番欲しかったのは結果だったが…」。

[国際親善試合]日本 0-2 スイス/2018年6月9日/スイス・ルガーノ

 日本代表がスイス代表に2ゴールを奪われて敗れた。ハリルホジッチ前体制のメインシステムだった4-2-3-1で臨み、トップ下に入った本田圭佑や右MFの原口元気らが惜しいシュートを放ったものの、ガーナ戦に続きノーゴールに終わった。

 試合後、ボランチとしてフル出場したキャプテンの長谷部誠は、「一番欲しかったのが結果。勝つことで自信をつけたかった。最近は勝負強さ、そういう部分でやられてしまっているが、とにかく続けていくしかない」と前を向いた。

 さらに長谷部はチームの課題について言及。

「1点目はPKで、2点目は自分がマーク外してしまい、ツメのところが甘くなった。攻撃のところでは、いいところまでボールを持ち込めているが、最後の3分の1。ゴールを取るところが欠けている」

 ガーナ戦に続いて、長谷部はファイナルサード(アタッキングサード)の攻略がいかに難しく、そこが最大のテーマであることを強調した。逆にいえば、課題は明確。何度かいい形はできていただけに、あとは全員でイメージを共有して、ゴールを奪い切りたい。一丸となって、この先へ突き抜けるしかない。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads