【日本×ベルギー│ハーフタイムデータ】香川が最も走り、ルカクより速かったのは―

ベルギー戦で先発した日本代表のイレブン。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

タックル数は日本が上回り、持ち味を発揮。

[ロシアW杯 ラウンド16] 日本 – ベルギー/2018年7月2日(日本時間3日午前3時)/ロストフ・ナ・ドヌ

 FIFAワールドカップ・ロシア大会ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)、日本代表対ベルギー代表のハーフタイムデータをまとめた。

 シュート数は日本の4本、ベルギーの10本と大幅に上回られたものの、枠内シュートは日本1本、ベルギー2本。日本は4本をブロックしていて、決定機を作らせていない。

 守備機会では、タックル数は日本が6回、ベルギーが1回。グループリーグから貫かれてきた球際にしっかり行く守備が機能していると言える。

 トラッキングデータを見ると、走行距離は香川が6.05キロで両チーム通じて最長。トップスピードは酒井宏が時速32.4キロ、原口が31.7キロと、30キロ台を記録している。いずれも時速28.6キロのルカク、ベルギートップのムニエの時速31.0キロを上回っている。

 後半に入り、原口元気、乾貴士のゴールで日本が2ゴールを奪取。ベルギーはフライニを投入するなど反撃に出ている。

▼W杯 決勝トーナメント1回戦
 日本対ベルギー/ハーフタイムデータ

       日本 ベルギー
ゴール        0点 0点
失点     0点   0点
シュート数  4本 10本
枠内シュート 1本 2本
枠外シュート 2本 4本
ブロックS※ 1本 4本

CK     0本 5本
オフサイド  1回 0回
ファウル   4回 7回
警告     1回 0回
退場     0回 0回
※ブロックされたシュート

ボール支配率 45% 55%
パス成功率  85%     87%
パス本数   213本   276本
パス成功数 196本  110本
パス総距離  54キロ  54キロ

▼守備機会
タックル   6回  1回
ブロック    4回   1回
クリアー   26回   5回

▼走行距離
1位 香川真司 6.05キロ
2位 柴崎 岳 5.71キロ
3位 長友佑都 5.69キロ
4位 長谷部誠 5.37キロ
5位 原口元気 5.35キロ

▼トップスピード
1位 酒井宏樹 32.4キロ/h
2位 原口元気 31.7キロ/h
3位 長友佑都 28.8キロ/h
4位 乾 貴士 28.1キロ/h
5位 長谷部誠 28.1キロ/h

▼パス本数
1位 長谷部誠 34本/85%
2位 吉田麻也 32本/91%
3位 柴崎 岳 30本/87%
4位 昌子 源 25本/84%
5位 香川真司 24本/89%

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads