【W杯ランキング集】柴崎岳のタックル数が全選手中6位

日本代表の柴崎岳。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

1位はマスチェラーノ。原口も7位タイに。

 FIFA(国際サッカー連盟)が集計したワールドカップ・ロシア大会のタックル数のデータによると、これまで日本代表のMF柴崎岳が11回を記録し、W杯参加全選手中6位に食い込んだ。1位はアルゼンチン代表のマスチェラーノで17回。また、原口元気も9回で7位タイに入った。

 また「ボールに対するタックル数」では、柴崎、原口の4回が5位タイ。マスチェラーノの8回が最多だった。

 相手に主導権を握られる時間が多かったため、この数字が増えてしまった側面もある。そのなかで日本で一番多くボールを奪いに行き、実際に奪っていたのが、柴崎だった。

 柴崎は総走行距離でも長友佑都に次ぐチーム2位を記録。彼自身は今大会のパフォーマンスについてまだまだと実感した部分も多かったそうだが、日本に欠かせぬ「中心的存在」であったことが改めて分かる。

 タックル数の全選手ランキングは以下の通り。

▽タックル数
順位 名前(国名)  回数
1位 マスチェラーノ(アルゼンチン)   16
1位 アーメド・ファティ(エジプト) 16
3位 ヤチェク・グラルスキ(ポーランド)  13
4位 エベル・バネガ(アルゼンチン) 12
4位 イ・ヨン(韓国)          12
6位 柴崎 岳(日本)                      11
7位 原口元気(日本)                      9
7位 クリスティアン・ガンボア(コスタリカ )      9
7位 ナイタン・ナンデス(ウルグアイ)9
7位 ヘクトル・エレーラ(メキシコ)   9
7位・9回ほか4名

▽ボールに対するタックル数
順位 名前(国名)  回数
1位 マスチェラーノ(アルゼンチン)   6
1位 ロマン・ゾブニン(ロシア)   6
3位 ジェリー・ミナ(コロンビア)      5
4位 テレク・ハメド(エジプト)    5
5位 柴崎 岳(日本)                      4
5位 原口元気(日本)                      4
5位 ラファエウ・ゲレイロ(ポルトガル )      4
5位 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン)    4
5位 ブレリム・ジェマイリ(スイス)   4
5位・4回ほか5名

Ads

Ads