「W杯のベンチでもっと成長したいと」植田直道がベルギー移籍合意でコメント

鹿島の植田(5番)。守備の新たな柱として君臨してきた。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

7月15日に離日してメディカルチェックへ。

 鹿島アントラーズは7月12日、FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表にも選ばれたDF植田直通のベルギー1部リーグのセルクル・ブルージュKSVへの完全移籍で、クラブ間の基本合意に達したと発表した。7月15日(日)に離日し、メディカルチェックなどを経て正式契約が結ばれる予定だ。

 植田は1994年10月24日生まれ。186センチ79キロ。熊本県出身。大津高出身。J1通算96試合4得点、J3通算4試合0得点。W杯では出場機会を得られなかった。

 植田は次のようにコメントしている。

「アントラーズでは5年半プレーさせてもらいましたが、試合に出られない時も、出ている時も、何ものにも変え難い濃密な時間を過ごすことができました。チームメート、スタッフ、フロントの方々と一緒に戦えたことは僕の財産ですし、いつも熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さまがいたからこそ、ここまで成長できたと断言できます。しかし、自分にはサッカー選手として世界で活躍するプレーヤーになりたいという目標があり、今回のW杯をベンチから見て、世界の舞台で戦う選手たちと勝負するためには、もっともっと成長しなくてはいけないという思いを強くしました。シーズン途中の大切な時期にチームを離れることになり、本当に申し訳なく感じています。皆さんに成長した姿を見せられるよう、またいつか、素晴らしい形で再会できるよう、自分らしく戦ってきたいと思います。これまで応援していただき、本当にありがとうございました」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads