【展望】W杯中断期を経てJ1リーグ再開! 昌子、山口、槙野ら国内組7人登場

ロシアW杯のポーランド戦に先発した山口(16番)、槙野(20番)が、Jのピッチに立つ。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

神戸のイニエスタが20日頃合流へ。鳥栖のF・トーレスは週末のホームゲームに向けて調整。

 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催のため中断していたJ1リーグが7月18日に再開される。ロシアW杯の日本代表メンバーは、鹿島アントラーズの昌子源、セレッソ大阪のMF山口蛍、浦和レッズのDF槙野智章、遠藤航、川崎フロンターレの大島僚太、ガンバ大阪のGK東口順大、柏レイソルのGK中村航輔の7人。鹿島の植田直通がこのほど、ベルギーのセルクル・ブルージュKSVへの移籍が決定した。彼らがチームでどのような存在感を示すのか注目される。

 リーグ戦は、サンフレッチェ広島が勝点37で首位を独走。勝点28で2位のFC東京、同27で3位の川崎フロンターレ、さらに同26でセレッソ大阪、コンサドーレ札幌が追う展開になっている。中断明けからさっそく連戦が続くため、17節で勝利を収めて勢いをつけられるかがポイントになる。逆にここで躓くと、一気に低迷しかねない。

 その意味では、J2への降格圏に沈む18位の名古屋グランパス、17位のサガン鳥栖、さらに16位ガンバ大阪、15位V・ファーレン長崎、14位浦和レッズ、13位横浜F・マリノスにとって、7月の3試合は大きな意味を持ってきそうだ。

 この夏に各クラブに加入した選手は20日に移籍登録ウインドウが開くため、22日の18節から出場が可能。サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスはベガルタ戦でのデビューに向けて調整。またロシアW杯にスペイン代表として臨んだヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタは20日頃にチームに合する予定だ。

7月の日程は次の通り。DAZNで全試合中継。

▽7月18日(水)16節                                             
札幌―川崎         19:00     札幌厚別
仙台―横浜FM     19:00     ユアスタ
柏―FC東京        19:00     三協F柏
湘南―鳥栖         19:00     BMWス
清水―C大阪      19:00     アイスタ
磐田―鹿島         19:00     ヤマハ
広島―G大阪      19:00     Eスタ
長崎―神戸         19:00     トラスタ
浦和―名古屋      19:30     埼玉
7月22日(日)17節                                                
名古屋―広島      18:00     豊田ス
神戸―湘南         18:00     ノエスタ
鹿島―柏            18:30     カシマ
札幌―磐田         19:00     札幌厚別
FC東京―横浜FM 19:00     味スタ
川崎―長崎         19:00     等々力
G大阪―清水      19:00     吹田S
C大阪―浦和      19:00     ヤンマー
鳥栖―仙台         19:00     ベアスタ

7月25日(水)14節※ACL開催のため                                               
C大阪―鹿島       19:00     ヤンマー

7月27日(金)18節                                                
FC東京―長崎      19:00     味スタ
7月28日(土)18節                                                
横浜FM―清水      18:00     日産ス
名古屋―札幌       18:00     パロ瑞穂
仙台―C大阪       19:00     ユアスタ
湘南―川崎          19:00     BMWス
G大阪―鹿島       19:00     吹田S
神戸―柏             19:00     ノエスタ
広島―浦和          19:00     Eスタ
鳥栖―磐田          19:00     ベアスタ

Ads

Ads